予言

恥ずかしながら、まだ読んでないのですが、トルストイの「戦争と平和」の中にこんなことが書かれているとのこと。



「一切の不幸は、不足から生じるのではない。有り余るところから生ずるのだ。」



今の日本で起きていること。  



そして中国も、ロシアもそうなりつつあり、他の諸外国も追従している・・・

トルストイは分っていたのでしょう。




価値基準が経済というモノサシでしか計られない傾向によって起き起きつつある現象。

人々は気付き、抜け出せるのでしょうか?

その為には何に気付き、どんな価値観が必要となってくるのでしょう?






私も思うのですが、その一つは美意識。


何を美しいとするのかは、私達がこれから示して行く必要があると思うのです。



これは、鍵山秀三郎さんがおしゃっていたことです。

お金さえ貯めればいい。あるいは地位を固めればいいというので、手段や方法を問わない。 そこに日本中が悪化している大きな原因があるでしょう。

そこに「美意識」というものがあるかないかは、本当に重要で大きな問題だと…




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード