悲しみの訳

何故人が死ぬと悲しいのでしょう?


一つの理由として、「もっと楽しんで欲しかった」というのが根底にあると言う人がいました。

なるほどなと私も思いました。

例えば100歳を超えて感謝一杯に笑顔で亡くなる人がいたなら、泣きはするだろうが(それはきっと今生の生で、もう出会えない別れの悲しみ)、きっと泣き笑いして、見送ることが出来ると思います。

それは、この限りある有限の世界で、限りある日々のなかで、様々な体験をし、私が知り得ないような経験を重ねて、その人が十全に生きていったと感じるからだと…



私はその話を聞いて、こんなおこがましいことを思いましたし。


私の表現が、今生の経験の中で、体験しておいて良かったと思って貰えるような表現をしたいと。
それも、死の走馬灯のアルバムの中に大きいサイズで出て来るような表現体験をしたいと。


本当におこがましい話なんですけどね。


でも、そういう表現、芸術を私は成し遂げよう!
そう強く思ったんです。

「死ぬ前に一度は、あいつの表現、芸術、観といた方がいいよ」って囁かれるような。



本当、おこがましい話なんですけどね。

野望です(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード