スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清いじゃなくて…

見た目の問題じゃないんです。

ボロを着ていようが、風呂に入ってなかろうが、臭かろうが、そういう外見的、客観的なことでなくて(大概は比例しますが)、逆に綺麗な格好をしていようが、清潔にしていようが、いい匂いをさせていようが(大概は比例するかと思いますが)、「汚くない」という状態を表す言葉が浮かびません。

「汚い」の否定系ではなくて、何かいい形容詞はないものかと…


脳は「汚くない」と言っても「汚い」だけがpickupされてしまうようなので、否定系でない言葉…

無論、「清い」または「綺麗」は浮かんだのですが、「清い」だと、どうもヒューマニティックさにかけてしまうから面白くない。別に欲があっていいし、絡まっていてもいいし、詰まっていてもいいんです。ヒューマンだから。

「綺麗」だと、余りにも客観的過ぎる。 外見的な誤魔化しのきかないところの「汚くない」なんですよね。


ふと思ったのは、人が横柄に介入していない、自然循環の中に「汚い」って感覚ってないな~と思いました。

そりゃあ糞尿は臭いし、ばっちい感は無論ありますが、私の感ずる「汚い」は当て嵌まらない。


「汚くない」の肯定系って何かありまでしょうか?


まあ、失礼な話なんですが、格好とかはそれなりに小綺麗な感じがあるんですが、なんとも「汚い」感じの人がおりまして、「汚いな~」と思ってしまい、私も小汚ない格好などはしますが、見た目じゃなく「汚いな~」と思われるようにはならないようにしようと思った次第でございます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。