縄文

これはなかなか簡単に挙げられるタイトルではないのだが・・・


とある番組で縄文のことをやっていた。 私の好きな番組である。爆笑問題がコメンテーターをしているのだが・・・



縄文時代(じょうもんじだい)は、年代でいうと今から約16,500年前(紀元前145世紀)[1]から約3,000年前(紀元前10世紀)、地質年代では更新世末期から完新世にかけて日本列島で発展した時代

約一万三千年も続いた縄文文化

それは日本文化の中にも受け継がれ、残っているものであると、学者は言っていた。


私の表現でいえば、一つ挙げると「和」である。

 「わ」


1万年近く同じ生活様式の中で続いていた縄文文化。 それには「わ」があったからではないかと思うのです。


支配、搾取、侵略・・・そういうもののない文化



人間の生活というのは根本的なことは今と変わらない。 寝て、起き、動き、食べる。

原始的で、野蛮で・・・等々、昔の生活様式に対するイメージはあるだろうが、その人間レベルといったら、はたして、縄文人と現代人ともし比べたとしたらどちらが良きものだろうか?


私たちが見習うことは多々あると思う。



あまりにも多くのことが頭の中を駆け巡って、うまくまとめられない・・・


 
あ、裸一つで、縄文人と踊りを見せ合ったとき、「素晴らしい」と言って貰えるような、そんな踊りをしよう。



そういうことで、あまりにもテーマが多すぎるので、また思いついたら、おいおい小出しに行きたいと思います。


















ちなみに、私の身体感覚を研究する機関では、「野蛮」は一つのほめ言葉(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード