価値観


現在日本で一番価値があるとみなされているものは何でしょうか?


それは、お金だそうです。

他の国では金やダイヤモンド等々、国によって価値あるものは違う。

しかし、硬貨、紙幣のお金そのものに価値を持っているのは日本くらいだろう。

他国に行けば、ただの紙である。(無論、円と言う通貨の価値はあるが)
金でもダイヤモンドでもプラチナでもない。
日本国内でしか通用しない紙。

それが一番価値があるとする国。


その感覚の差は、今の日本の有り様に多大な影響を及ぼしていると思う。

しかも民族的に資本主義が日本人には合わないらしく、アメリカから強制的に導入されて以来、敗戦以降、国が復興と言う目標を示し、国民が一丸となって高度成長期を迎え、経済大国となったが、国は新たな目標を示さず、示すことが出来ず、知らぬ間に国も国民もスポイルされ続け、国として、国民としてのPRIDEは今や個人が守るしかない時代であり、欧米諸国に対するcomplexも個人で対処して行かなくてはならない…

何をこの国は失い続けて来たのだろうか?



それは『文化』だと私は思うのです。


読んではいませんが、『目に見えない資本主義』と言う本の中で、景気が回復した後に、今迄の行過ぎた市場原理主義は崩れ新たな資本主義が生まれて来ると。

それが「目に見えない価値」「目に見えない資本」を重視する成熟した資本主義であると。

勿論、パラダイムの変換が必要となるし、その様に変化して欲しいし、もう成熟してもおかしくない時期だとは思うのだが…

では「目に見えない資本、価値」とは?

その本で書かれているのは、要はかつての日本人が大切にしてきた懐かしい仕事観、組織観とのこと。

例えば、日本人において働くということは「傍(はた)を楽(らく)にする」 等々



要は『文化』である。


かつてヨーロッパの芸術家達が魅了され憧れ影響を多分に受けた日本文化である。


何を失い続けて来たのか?

『文化』


そしてそれは取り返しのつかないこと…過去には戻れない
(僕らは前にしか進めないのです。あなたが後向きに立っていようとも)

故に
温故知新ではなく温故生新。

成熟した資本主義になれば、その生み出す環境も出来て来るだろうと思う。


そして、その新たな『文化』の土壌を耕す役割が、私にはあると信じている。




『お金』から『文化』へ、日本の価値観のパラダイムがシフトチェンジしたら…


あなたはどんな日本を想像しますか?





小生の殆ど知識のない、感覚的話を展開させている程度のことですので、何やら間違いなどありましたら、ご指摘願います。


『目に見えないものの価値』

踊りもそうなんです。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード