物を「物」として扱うとただの物。


物を「生き物」として扱うと色々と教えてくれる。


そんな生き物として扱いたくなる、いい物って何だろう?


それは、手間隙のかかった物。
愛情、情熱、想いが積み重なった物。


これ、忘れがちな当たり前のこと。


当たり前は文化。

何故って言われて、何故か上手くこたえられないものが文化。




身体でさえ、ただの物として扱ってしまってないでしょうか?


生き物としての嗜み
生き物に対しての嗜み

当たり前のことが当たり前でなくなること。

それは悲しいことだけど、当たり前が当たり前でなくなると、当たり前が何なのか、研究出来る。

それは救い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード