失望と絶望

私はよく自分に落胆する。

大袈裟に言えば、失望だ。


原因の大概は、ある結果を出す為に、動くことをさぼったツケが回って来たと言うことだ。

私の場合、そのツケの回ってくることを早期に知覚することが出来、それは幸いなことである。

何故なら、自身の求める結果を私が把握しており、自身で結果を出す場を設けることが出来るからである。

結果の設定…

そう、その設定は感覚的な割合が多いがハッキリしている。しかしその前に必要な、目的の設定と、行動の設定が曖昧である。だから、サボりが発生するし、自分に失望するわけである。


悲劇的喜劇。


ヒューマニティック…そう言って笑っていいのは、そのリスクを背負えている、覚悟している人だろう。


で、失望。

私は自分に失望することは、いいことだと思う。

失望出来るということは、希望を持っていることであり、悔しさの現れ、向上心の現れだから。

そして失望は自分で選択した結果。

だから、自分で再度、希望を持てばいい話なのだ。
それも自分の選択次第。

しかし、絶望は希望を絶つという意味としたら、主語は自分なのである。

自ら希望を絶つ=絶望


これも自分が選択することだが、これを選択することは、一つの可能性を自らの手で潰してしまうことになる。

自分に自分で枠組みを作って行くことだ。

だがしかし、枠組みをまだ設定していない世界はあるから、そちらへ向かえば良い話なのだが、ここで言う絶望はその人自身の枠組みを形成してしまうものなので、絶望はしない方がよいと言うことである。


本当のことを言えば、失望も絶望もしない方がよいのだが、なかなか難しい時もあると思うので、せめて失望にしようと言うことである。


なんだかまとまってないが、何となくと言うことで… (苦笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード