負い目なく

Eの本に書いてあった。
「負い目なく生きろ」


考えた

俺には「負い目」がある。
いっぱいあるよ。考えれば考えるほど、出て来るよ。



だから、これ書きながら思ったね。


「負い目」。

全部背負って生きてやるって。

やることいっぱいあるよね、konnoには

でもね、踊りを始める時に獲得したいことがあったのよ。

それはね

「全部背負える身体」

舞台上で全部背負える身体で立つってこと

過去から現在、今のkonnoが感覚出来る全てをさ、全身全霊で。

それって何かって言ったら「説得力」だよね。

大前提な訳よ。そこが。

人前に立つには必要なことだよね。
プロって唱うなら尚のこと。


後は、どんだけ背負えるようになるかってこと。

Eの言うこととはちょっとズレてるけどね。


konnoは今でもそう思ってるし
そう思ってなかったりだけど(笑)それはまた違う次元でさ


まずは背負おうとすることはしよまいな。


そんなこと言う前に、Eの言うところの「負い目なく生きろ」をクリアーせんといかんわ。(笑)

Eを少しモデリングさせて頂きの口語的アプローチでした。


分かる人には直ぐに『E』が誰だか分かるかと思います(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード