9/1 20:30より 舞台「しせい」公開リハを執り行います。 + 「しせい」PV完成







映像:アベユウナ 
音響:Bo-z EXP









9月2/3日の舞台「しせい」が両日有難いことに満席となり、キャンセル待ち頂いている方もいらっしゃることを踏まえ、公開リハーサルを執り行うことを決定しました。

 


9/1(金)
 
20:30(時間厳守でお願いします)

公開リハーサル
「しせい」前夜の儀
を執り行います。

公開時間30分前後

料金2000円

立会人定員40名



当初は通しでの公開リハーサルをしようと考えていましたが、通しリハーサルをやってみると、3.4日はその疲労の影響が色濃く残り、9/2.3の儀礼に大きく影響が出てしまうので、「しせい」の後半を少し拡大したものにお立会頂く形を取らさせて頂きます。



舞台「しせい」に向けて、舞踊家 金野泰史が準備して来た躰、練ってきた躰を観じて頂く場、そして何より舞台「しせい」への覚悟と決意を現す前夜の儀としてお立会頂ければ幸いです。



9/2.3の儀礼に向けて、まだ舞台は仕込みの最中であるので、劇場内はバタついている可能性が高く、観覧の環境としては、照明、音響、座席などまだ未完であることをご理解頂き、お立会頂くよう何卒よろしくお願い申し上げます。


※御来場時間は20:30厳守でお願い申し上げます。

(過ぎてしまった場合、御入場出来ない可能性があります。また仕込みの状況では開始時間が遅れる可能性があることは予めご了承下さい)


また、スペースに限りはありますが、1Fカフェエリアで20時過ぎからお待ち頂くことが可能ですのでご利用下さい。


上記を踏まえた上で、お立会頂けるのであれば、shisei0901@gmail.com宛へ、件名に「公開リハ」。本文に「お名前とお立会人数」を明記しメール頂くよう、お願い致します。



舞踊家 金野泰史

制作 KIUNJI 拝


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード