詳細決定 9/2,3 舞踊家 金野泰史としての初にして最後のソロ公演 ②




舞踊家 金野泰史 ソロ公演


しせい 



蛹は蝶になるとき変態す
生きるか死ぬかの「しせい」
舞踊家 金野泰史
最初にして最後の儀礼


2017年9月
2日(土)19時(満席)
3日(日)17時(残りわずか)

※開場は開演時間の30分前
上演時間は60分前後を予定

■料金:予約3800円 当日4000円
※全公演全席自由

■チケットの取り扱いは、公演ホームページより。
HP:
https://shisei2017.jimdo.com/
また、下記SNSにて公演に関連する情報を発信して行きます。
Twitter:
https://twitter.com/Konno0901 (@Konno0901) 
Facebook:https://www.facebook.com/shisei0901/

■スタッフ
舞台監督:大橋律子
照明:足立恒(インプレッション)
音響:Bo-z EXP
映像:アベユウナ
衣装:金田かお里(アンデイリーゲイト)
写真:大洞博靖
意匠:恒星
制作:KIUNJI/ダイニキカク/上田晃之/篠塚裕紀子

■協力:a ri A Ru Creationz

■主催:芸術企画KIUNJI

■問合せ先:shisei0901@gmail.com

■会場:APOCシアター http://apoc-theater.net/
〒156-0054 東京都世田谷区桜丘5-47-4 TEL:03-6321-7690
小田急線「千歳船橋駅」より徒歩3分


是非のお立会いよろしくお願い申し上げます。

舞台「しせい」決意表明
読んで頂ければ幸いです。








卵から幼虫へ
幼虫から蛹へ
蛹から成虫へ

虫たちの変態の過程 

人もまた母体の中で、受精卵から生物の何億何万年という進化の歴史を再現し人の形を成す・・・

「変態せよ!」

身体からの要求のその声を今ここの自分はそう翻訳している 

身の中の変態の記憶、経験・・・

姿は変わらねど

身の内は化けられる

同形転質

身の裡の変態

変態せねば

この道から降りる

生きるか死ぬかの「しせい」

自身の選択

この道を生きるための選択

この道を歩き続ける為の洗礼

この道を尚行きたいが為の

儀礼




虫たちの全生を想う

全生なくば変態せず

全生故の変態なり

舞踊家としての全生を

全生なくば変態せず

全生すれば変態す



我がイの声と共にゆく

我が身がそれを希求する












まだ蝉の声は聞こえない 




最終稿 「しせい」チラシ表
Photo by Hiroyasu Daido









満月満ちる前夜の8日に、このブログをアップしようとしたが叶わなかった…
その日の夜更けは、夜の公園で満月の光を浴びながら稽古をした。
満月のチカラ…多分初めて感じた。強力なチカラだ。
そのチカラに飲まれたり、踏みとどまったり、乗れなかったり…

我が身という馬に乗っている。
満月のチカラで荒ぶる馬に、振り落とされそうな俺がいる。
振り落とされぬようしがみつけば、目が閉じる…

目を開けろ!
目を外すな!
くまなく観渡せ!
細部まで!
潜れ深く!
もっと深く!
同化せよ!

汗だくになってひとり
家に帰りながら、未知だった馬を想う。
シャワーを浴びてその日は寝てしまった。
そして満月の朝に起きたら、膝を打ち付けていたらしく、膝が痛い…苦笑
しかし、朝は心地よく、とてもいい質の朝だった。

満月の日の夜9日。(満月時間は13:06)
この記事をアップするぞとパソコンに向かったが、タイプする手がすすまない。
言葉が出てこない。
幾らでも書くことはあったはずなのに、言葉が出てこない。
出てこない言葉に、うなされながら睡魔に喰われてその日は落ちた…

そして、満月過ぎた今日は言葉が出てくる。
何故だろう?
不思議だ…
自分では把握出来ない領域。
芸術はそこからやってくる。
覗くファインダーの外の世界
からやってくる。


ともかく、もろもろの制作準備も舞台準備も追いついていない。
時は待ってくれない。
言い訳なき舞台。
やり直しなき舞台。

迫るのに押されるのでなく、
迫る波に乗れ!


サーフィンやっときゃよかったわwww
山派だけど。

まだ、予約ホームが整ってないのですが、普通に俺に連絡頂ければ予約承りますので、御連絡下さい。

8月入ったら、より蛹(サナギ)化していく予定なので、早目に連絡頂ければ幸いです。

舞踊家 金野泰史…

こう名乗ることもあと2ヶ月を切った…






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード