9/2,3 舞踊家 金野泰史としての、初にして最後のソロ公演 ①

 
今年に入ってから、いや去年の年末辺りからだったと思う。
朧げに自身のソロ公演を打とうと考えていた。
その時から既に、舞踊家 金野泰史としての最後のソロにしようと思っていたと思う。

今年で40歳。
30代を締めくくろう。
そんな風に身の奥の方からの想いが湧いてきていた。

「危機感」
これが、そう想わせる切欠として大きくある。
去年の初めから、「自分ごと」として、とても強く抱き始めた。
自分の人生に対しても
同義として、自分の生命に対しても
それはまた人間の生命に対しても
生命そのものに対しても
抱き始めた「危機感」だ。
それはまるで時代の要請のようにも感じながら・・・

「3・11」
がなければ、この「危機感」は発生していなかったようにも思う。
いや、「3・11」によって発動させてもらったのだと言っていいかもしれない。
「3・11」より前に、「危うさ」は感じていた。
身体を通じて、「生」について、人間の在りようについて学び、稽古し始めてから自身の中で明示されてきた「危うさ」
もっとその「危うさ」の兆しを抱き始めた時期を過去に探れば、今思いつくのは小学3,4年の頃からだと思う。
テレビやアニメや漫画の影響は強いと思う。
ノストラダムスとか、世紀末論の影響・・・
人類規模、地球規模の終焉への恐怖、危うさ。
そのような想いが、私の中で消えることなく抱かれたまま「3・11」を経て
より具体的に、実感をもって「危機感」という言葉、状態として発動したのだと
振り返れば、振り返るほど紐づいてくる。


30歳代を締めくくりたい。
30代に終止符を打ちたい。
40代を30代の地続きで迎えたくない。
「終止符」
それは、自分で選択する人生
自分に主導権を取り戻した人生
を40代から送るための、自分の「準備」であり「けじめ」だ。

39年間
私は生き続けてきた。
私は生かされ続けてきた。
それは、同時に
「私は死に続けた」ということ
その死に続けた39年をしっかりと供養する
いや、供養したいのだ。
生前葬
そうしなければ、40代を迎えられない・・・

何故そこまでそう思うのかは自分でも分からない。
そう要求しているとしか言いようがない。
だから、その要求に十全と答えようとしているだけに過ぎない
自分の人生を「自分ごと」で生きるために

大げさに聞こえるかもしれないが、
人生を賭ける行いとして
私は今回のソロを位置づける
そうしなければ、
死に続けた39年間を供養できないし成仏できない

そして供養し成仏することは、
39年間私を生かしてくれた、あまたの生命
そして人、
両親から始まり、その紐付いている先祖、家族、友人、師匠、先生、知人、縁を結んだひとりびとり
への「礼」であり、「恩返し」に繋がる
私はそう考えるし、感じる。

その「姿勢」を表すためのソロ舞台、ソロ公演として私は位置づける
「舞台」とは私にとってそれに耐えうる時空だ。

タイトルは「姿勢」
それは「死生」を内包している

どう明記するかはまだ決定していないが、「しせい」であることは揺るがない。


ひとつの見方をすれば

舞台という機構の中でただの我がままを行うだけとも言える
それでいいと思っている
だから、我がままを貫こうと思う
そう肚を括った。

だから、私と縁を結んでくれた方々には
「観に来てほしい」
というより
「立ち会って欲しい」「立ち会って頂きたい」
という方がしっくりとくる。

舞踊家 金野泰史
いや、舞台人 金野泰史、芸術家 金野泰史としての
初にして最後のソロ
是非のお立会い、よろしくお願いします。

 
詳細はこちら


 

まだまだ書き足りんことはたくさんあるて。
それはおいおい記していける限り記していこうとは思っとる。

ここからはぶっちゃけトークです。
(そんなん知りたないって方は読まんことをお勧めします)




これを書きながらも、正直ビビッとる自分がおる。
なんて約束を設定してまったんだろうと・・・
でも身体が強く要求しとるでしょうがないんだわ、こればっかりは。
そういう感受性で15年位は生きて来たもんで、やるしかねぇって
「自分ごと」として肚括ったんだわ。

背水の陣・・・それモドキはようけしてきたと思うけど、今回はマジで背水だわ。
「やっぱやめた~」っていうのはドラ簡単!
ほんで、やめる選択する想定して身体観たら、明らかに俺の活力がぽしゃるのが分かるんだわ。
それは、生躰研究家からしても、あるまじき選択だわ!
そう、身体は嘘つかんし、身体は間違えんし、身体は答えを知っとる。
身体、身体いうけど、身体って命そのまんまだで、命、生命って言ってもいいけど
ちょっと抽象度高すぎるで、身体と言っとるし、身体と生命は不可分だでさ。

って感じで名古屋弁で書いとる方が、なんかすらすら出てくるけどwww(生まれは東京で、名古屋育ちなんだわ)
社会性?というか礼をわきまえるところはわきまえんとね。

ということで、肚括っとります!
公演回数は2,3日に一回ずつで変えんけど、なるべく立ち会ってもらえる機会は増やしたいと思うので、公開リハとか考えますわ。
値段は前売り3800円(予約)で当日4000円で考えとります。
それでも採算合わんけど、今回はそれでもいいなって思う自分と、赤字はだしたないっていう想いとせめぎあってますわ。
まあ、普通の相場で言えば高い値段ですわ。
そのあたりのことも隠さずに言ってもいいと今回はおもっとるので、こうして書いとります。
でも、質的な観点で、俺の独断と偏見で言えば、もっと高い値段でもそれに値する舞台にする予定。
とはいえ、会場は小さな劇場(3月に演劇「戦争と一人の女」やったところと同じとこです)
なので、環境がすごぶるいいわけではない・・・とかそんな色々と考えるわけですわ。
そんなこんなで、「礼」や「恩返し」といいつつも、立ち会って下さる方々には、協力して頂けたらって思ってます。
いかんせん、自分の持ち出し公演です。コンセプトも内容も、俺の我がまま公演っちゃ公演なんで、それ通すためにも自分の持ち出しでやる。
スポンサーとか、協賛とかも考えるけど、ちょっと違うなって思う。ただ俺のことを、この「姿勢」を応援してくれるということだけで、制作運営費を提供してくれる方が居れば、遠慮なく受け取ろうと思ってます。
その資金が集まれば、制作サイドの人たちに正規のギャランティーを支払いたいという想いが叶ったり、さらにもっと制作費の余裕があれば、一日増やして一公演増やして、立ち会ってもらえる機会を増やしたりとかも考えられるな~とか・・・
でも、本心を言えば、一回公演で終わりたい。
何度も、供養や成仏や終止符は打つもんじゃないから。
とはいえ、自分と縁のある方々、ひとりびとりには出来るだけ立ち会ってもらいたいというのもあるで、その為なら何度か終止符打ってもいいと思うのも本心。

まだまだ色々考えとること考えること、本心とのバランスのとり方などあるけど、
とにもかくにも身体を身を練ってきます。

もうすぐ太陽が昇るので、この辺で。
6/1中に書き終えて、公にしようと思っとたけど、俺としては間に合った。
太陽と共に朝を迎えて一日が始まる。
そういう尺度で生きとりますわ。

ということで、9/2,3迄よろしくお願いします。

芸術家 金野泰史 拝

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード