舞台「戦争と一人の女」メモ②

 

3・11を舞台で迎えた。
3・11以降それは初めてのことだった。
3・11が起きた時は、舞踊での舞台の本番二日目の劇場に向かう前であった・・・

去年は「5years」というArtEventを3/12に自身で主催した。
私も無論のこと出演した。
その時、私がテキストというか、3・11に潜るための道案内として辺見庸さんの「瓦礫の仲から言葉を」を使わせてもらった。
辺見さんの詩「眼の海」も、舞台の中で朗読させてもらった。
その時のことにご興味ある方は、
こちらを(この記事の前後にも「5years」関連の記事はあります。これなど

そして今年の1月末に、辺見さんの「1★9★3★7」の文庫本発売記念?講演会に行くことが出来、辺見さんに直接「5years」で、辺見さんの「瓦礫・・・」のお陰で、自分なりの3・11へのダイブを果たせた御礼を直接伝えることが出来た。
そして、片腕も大分動かせなくなっている身体で、とても力強い握手をして下さり、「頑張って」と声をかけてもらった。

そして今「1★9★3★7」を読んでいる。
まだ、途中だ・・・下巻の1/3といったところだ。
「戦争と一人の女」の初日前までには読みきろうと思っていたのに、果たせなかった。
無念である。

「1★9★3★7」の中には私の知らない戦争(戦争という言葉で括れないと感じるもの)がどんどん出てくる。
そして、辺見さんの姿勢、態度はなんとも信じられないほど力強く、粘り強く、深く深く潜っていた。
帯の言葉を・・・
「父は[皇軍]という武装した群集のひとりでありつづけたのか。ただそれだけの人であったのかーこの問いは、けっきょくは、わたしならばどうしたか、どうできたのか、どうしのげたか、どうにもならなかったか・・・・・・といった作業仮説を無限にじぶんに突きつけるほかはない。そのような作業仮説をたてるには、歴史的過去と相談する以外に道はなかった。そうして書きつづけたのが本書である。」(角川文庫の「序」にかえてより)

様々な作家や作品が出てくる。
主なところでは、堀田善衛「時間」(方丈記私記も少々)や武田泰淳「審判」「汝の母を!」などである。
その中に安吾も少しだけ出てくる。
安吾が書いた、小林秀雄に対する擁護コメントや辺見さんの父親の本棚に安吾の「堕落論」があったくらいしか出てはこない。

そうなのだ、「戦争と一人の女」は、安吾という戦争にいかなかった者の話であり、
この「1★9★3★7」は戦争にいった者についての辺見さんの作業仮説が軸である。
もっと言えば、戦争で人を殺さなかったものの小説と、殺したものと向き合う作業の本ということである。

私は人を殺したことがない。その点において、「戦争と一人の女」は[わたし](または[わしたち])が戦争に触れるに至る距離として、なんとか手が届くのではないかと思っている。
(それでも、遠くに感じているのが実際だと思うが)

辺見さんはそうではない。 自身の[皇軍]であり、戦地から戻ってきて、人の変わってしまった父親をもつものとしてもとてつもなく大きな影響をおよぼしての作業仮説を無限にじぶんに突きつけつづけている。

私が触れようとした戦争とは? そのような自問は現在でも持ち続けている。

正直なところ、もっとはやく「1★9★3★7」に潜ることが必要だったと思っている。

今読んだところまででも、大量の付箋が挟まっている。
それを挙げたら切がない、それについての考えをここで言語化するには時間がない・・・

せめて、少しだけでも引かせてもらおう。






生死の生をほっぽり出して
ねずみが一匹浮彫みたいに
往来のまんなかにもりあがっていた
まもなくなずみはひらたくなった
いろんな
車輪が
すべって来ては
あいろんみたいにねずみをのした
ねずみはだんだんひらたくなった
ひらたくなるにしたがって
ねずみは
ねずみ一匹の
ねずみでもなければ一匹でもなくなって
その死の影すら消え果てた
ある日 往来に出て見ると
ひらたい物が一枚
陽にたたかれて反っていた
(山之口貘「ねずみ」 一九四三年)


「ああ、すべてが敵の悪、戦争の悪のせいだと言い切れるのだったら、どんなにいいことだろう」
(武田泰淳「汝の母を!」より)

「もし私たちがすべての人の苦痛を感じることができ、そうすべきなら、私たちは生き続けることが出来ない。」
(プレーモ・レーヴィ「灰色の領域」 『溺れるものと救われるもの』)

戦争という圧倒的な全景にあって、正気とはなにか、個人とはなにか。それは、いまはまだ“非戦争”状態かもしれないが、げんざい=日常という圧倒的な全景にあって、正気とはなにか、個人とはなにかと自問するのとおなじく、即答きわめて困難な難問中の難問なのである。

「戦争は、他者を害する以前に己の頽廃を招くところに、否定さるべき本質があるといわなければならない」
(田中眞澄著「小津安二郎周游」)

戦争とはなんだったのか。そのときそこにいなかった者たちは、そのときそこにあったできごとに無関係でいられるのだろうか。そのときそこにいなかった者たちは、そのときそこにあったできごとについて、今後も無記憶のままでいられるものだろうか。いま、ひょっとしたら、大変なことがぶりかえしつつあるのではないか。記憶の堰が決壊し、氾濫することはないのだろうか。

歴史的時間を生きるとは。
それは、ニッポンジンでも朝鮮人でも韓国人でも、自己の生身を時間という苦痛にさらし、ひるがえって、時間という苦痛にさらされた他者の痛みを想像することではないか。 (中略) からだに時間の痛みとたわみを感じつつ、自他の「身体史」を生きること-それが歴史をいきることなのか。








これらは、今回の舞台「戦争と一人の女」とは関係ないのだろうか?
切り離して、考えられることなのであろうか?

私は一個人として
一舞台人として
そして俳優個人として
これらの引かせてもらったもの以外もふくめ、浅かろうとは思うが「1★9★3★7」というボンベを背負い戦争に潜りたいと思う。

無論、舞台「戦争と一人の女」という上田作品の枠からは横にはみ出しはしない。
しかし、見えない下や上や後ろには無限の空間が広がっている。

俳優の仕事
どこまで潜れるか?


しばし眠ろうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード