6/6製作ノート



不和 不安 不可思議の猜疑心 不正働き 不届き知らず 
ずるむけの太陽 日昇らず 新しき旅路遠く まだ見ぬ歓喜は何処
古(いにしえ)立ち上がる未知のかなた こなた そなた 
誰ぞかれ 心そがれ 今に黄昏 知る人おらず ただ立ち尽くし 隠して穢れ ただれ ただそこに そこはかとなく 不和にたたずむ
瓦礫の言葉 届かぬ光 分断 遮断 不断に搾取の自然に冒涜
真綿の絶望 失意の針 卑しき性(さが)に所有の異郷 異常の事態に遺体 言えない 癒えない 死体の痛み 居たくない ここに
現実逃避 翻せ ここで 
泣け 笑え 血を流せ 地に帰れ 土を耕せ 温かさ取り戻せ
適温 適合 敵を作らず 適を得ろ 的を得ろ まとえる光 またとない機会 機械じゃないから また出来る 我等の生
生有りて 思考する 生有りて 鼓動する 呼吸する
故郷へ帰る まだ知らぬ帰郷 今日にでも 今にでも 
今の豊かさ 信ずる心 ここにあれば
見える今ここ 念ずれば現ず
すべてがそこから生まれて来た初めの沈黙
太古の記憶 十月十日 時の轟き
故郷へ届け 呼吸で届け 子宮から地球 宇宙 その息吹
風の囁き 大地の目覚め 冷めない温度 沸き出(いずる)涙 波間に唄へ 海の狭間で この生つきるまで
死の言葉を詩でもって 蘇らせよ 沈黙の言葉 草や樹のような 豊かさ そのものと和して 同ぜよ
拾うな捨てろ 広い大地に 循環 交換 共感 響鳴
響かせ命 祈りに憩え 今に生きろ
陰極まりて陽に転ずる 陽極まりて陰に転ずる
信ずるその真髄は豊かさ 恵みの今生 一生 一緒に 一切の命
この命 愛おしみ 
続け 連綿と 転換を繰り返し 挑め 抱く 和解の明日を 




「私たち人間が、この地上の世界とまた和解するとき、狂気から覚めた健全な精神が光り出すであろう。」

レイチェル•カーソン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード