4年目の3・11 



随分と遅くなってしまったが、4年目の3・11を迎えて感じたことを書き記しておきたい。


今年も去年に引き続き、Peace on Earth で、3・11を迎えた。
今年は日比谷公園でなく、代々木公園での開催だった。(前日、前々日はいつもどおりの日比谷公園。行けなかったが)

行った回数の問題だろうか? 代々木公園のほうがホーム感がある。

3・11を一人で過ごすのもいいかもしれないが、何故か去年から行っている、このイベント。
何だかんだで、俺もきっとあの時の記憶が薄くなってきているのだと思う。
だから、3・11のモチベーションを失わないためにも、行っているのだと思う。

人間の能力。「忘れること」・・・
表層意識から「忘れること」・・・
しかし、記憶というものは忘れ去られることなく、脳に身体に残っている。
記憶はDNAに書き込まれる。
記憶によってDNAは組み替えられる。
俺はその理論に賛同している。
本当か嘘かってことはどうでもよくて、そうだと俺は感じている。

3・11の記憶
DNAに刻まれ、組み込まれた記憶

あれから、何が変わったのだろうか?
そう自身の身体に問い合わせる。
年々記憶力の低下を感じるのだが、にわかに放射能の影響じゃないかって思ったりもする。
何も収束してないF1、福1
放射性物質は漏れ続け、汚染水は垂れ流され、世界中に広まり、太平洋を回遊しているであろう汚染水
終わり見えない汚染地域
終わり見えない収束作業
被爆し続ける人々・・・
蝕まれ続ける生命・・・

あれから、何が変わったのだろう?
そう自身の身体に問い合わせる。
日本国は軍国化へ向けて邁進している
辺野古への基地移設は着々と進んでいる
原発廃炉どころか再稼動、新設、輸出へ向けて進む政策
人々の奴隷化はより一層強まっていく 自発的隷属
安保法制、集団的自衛権、改悪憲法、TPP、
少しは内情が分かってきた
日米安保、日米原子力協定、日米地位協定、敵国条項・・・

あれから、何が変わったのだろう?
そう自身の身体に問い合わせる。
やはり一人一人が気付いていくしかないのだと思う。
この国の世界の状況を変化させるためには
そして変化させないと、多くの生命を犠牲に伴って人は朽ちていく
それは紛れもない現実として、目前にある
ただ見ようとしてないだけで
鼻の先に

見えるものは見る必要があるだろう
見えないものは感じる必要があるだろう

見えない時代

見えないものを感じる時代

あれから何が変わったのだろう?
そう自身の身体に問い合わせる。

Peace On Earthで皆で祈りを捧げた
どれほどの人がその場に居たのかは分からない。
100人は超えていただろう、200人までは行ってないと思う。

同じ場で、同じテーマで祈りを捧げる
(もしかしたら、違う場所の人々ともシンクロしていたと思うのだが)

祈りのチカラ
そのチカラを感じた

とても強く感じた
去年には感じることの出来なかった祈りのチカラを感じた

人間のチカラを感じた

生きもののチカラを感じた

それが、とても印象深かった
それが、また人の未来を照らしてくれたように思う





あれから何が変わった?
そう自身の身体に問うてみる。

少しずつだが、変わったと言える
そう思い、また感じている

一歩踏み出された足に重心は完全に乗り
もう片方の足がまだふらついてはいるが
前に出始めている



コメントの投稿

非公開コメント

はつよろです♪

なんだかファンになっちゃいました(+´∀`+)

わたしですね…このところついてなくて(汗)
すべり台を滑っても滑ってもゴールが無い感じなんて言えば少しは伝わりますか?
ものすごい急降下中なんです。。

そんなこんなで色んなブログ読み漁ってたらここで足が止まりました\(○^ω^○)/不思議と心惹かれたんです。
Yasuchika Konnoさんも色んな時間を過ごされてるんですよね。きっと。。

急なお願いで戸惑わせてしまうかもしれませんが
話し込んでみたいというか話しを聞いてもらえたらって気持ちを持たずにはいられなかったんです(*´∀`*)

連絡してくれたら有難いです。
もしも迷惑であればコメントごと私のこと消してください。
プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード