演劇 『 月 - Neumond - 』 2015、2/14 俳優金野泰史出演します(1/26終演)






 『 月 - Neumond - 』
無事終演を迎えました。



ご来場いただいた皆様方、本当にありがとうございました。
皆様と共にこの舞台を立ち現せられたことに深い喜びと感謝とお礼を申し上げます。

有り難きこと至極
感謝多謝
ありがとうございました!





『 月 - Neumond - 』


時空を越えながら、男と女は出会う。いつかどこかで。
現代社会の貧しさを背景に、男女が出会うことの純粋性を問う。
ボーイ・ミーツ・ガールな5場面の劇。


【日時】
2015年 1/26(月)
[1]開場:19:30 開演:20:00 終演:21:00(予定)


2015年 2/14
[2]開場:13:30 開演:14:00 終演:15:00(予定)
[3]開場:18:30 開演:19:00 終演:20:00(予定)


【場所】
四谷三丁目 喫茶茶会記
160-0015 新宿区大京町2-4 サウンドビル1F
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目」駅、1番出口より徒歩3分。


【料金】
要予約/自由席:3000円(ワンドリンク代込)
 
【予約】
私に直接ご連絡いただくか、下記予約フォームよりご予約ください。
25席ほどの会場ですので、お早めの予約をよろしくお願いします。


【キャスト/スタッフ】
男:金野泰史
女:飯森沙百合
黒子/音響:桜井智広
美術/写真:杉原加恵
作/演出:上田晃之




久しぶりの演劇・芝居です。

俳優として、一舞台人としてこの舞台に立てることは、今の私にとって有り難い限りです。

また作/演出の上田晃之氏と志事(しごと)が出来ることに、俳優・舞踊家としての血が騒いでおります。

めったに思わない「この男の作品に出たい」という私の想いが実を結び、お客さんと共に発酵する様を観じに来て頂ければ幸いです。

芸術作品として、どこまで根を張り、天に伸びるのか・・・肚腰すえてプレッシャーに耐えながら本番まで稽古に励んでおります。






初演終了御礼+後記


1/26初回無事終演しました。(2/14へと続きます)

御観劇いただいた皆様方、貴重な時間をこの舞台と共有して頂き、誠にありがとうございました。

やはり、舞台というものは、観劇者と共に風が吹き、光、水が与えられ、花咲くのだと感じます。

そのような時空を与えてくださった、観劇者という共鳴者の皆様へ、心より感謝申し上げます。

そして、舞台を支えてくれるスタッフ、共演者へも厚い感謝を。2/14もよろしくお願いします!

多謝感謝。



この舞台(芝居)はまだ続きます。 この感謝と喜びと有り難さを携え、更なる成長、醗酵を促すために、精進していく所存です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード