夏!・・・私の大好きな夏の自然と、私の向き合う夏の歴史・・・戦争というものを知らない世代が知っておける情報


私が「一番好きな季節は?」と問われたら、夏だと即答する。

私にとって夏は、自然と戯れたくなってうずうずする季節。

山や川や海(海より山派だけどww)に行くにはもってこいの季節。 

そのような習慣を付けてくれたのは、我が父親の功績だと言える。 

毎年夏休みになれば、キャンプと海水浴へ連れて行ってくれたものだ。 

この場でこっそりと感謝の意を表させてもらいます。 ありがとう親父。 


それからもう一つ。 これも子供のころからの習慣だったのだろうか? 何時のころからか忘れたが、戦争ものの映画を夏になると見ていたような気がする。 その代表が「火垂るの墓」。

そんなこんなで、私の夏の習慣の一つとして、戦争と向き合う季節としての認識があるわけだが、今年も少しずつ新たな映像などを見ている。

それらを観て、考える範囲は随分と広がったし、変化もしてきたが、普遍なのは戦争は一刻も早くこの地球上からなくさなくてはならないものだということだ。
今年も改めてその想いを強くしている。 そして戦争の構造も分かってきた分、より一層「しょうがない」というような言葉は戦争に対して使ってはならない言葉だと認識している。

War is over. if you want it これがリアルな言葉だと強く思う次第である。 


私が今年にチェックした一部の映像のリンクをここに張っておきます。
私の言葉で色々説明できればいいのですが、まだまだ勉強不足なので、リンクを見て頂ければと思います。

幾分長いので、徐々に暇を作って観てもらいたいと願います。

私なりに時系列的な感じで乗っけてみます。 

まず、長崎の原爆に関係するドキュメンタリーです。
「焼き場に立つ少年」という有名な写真があるのですが、その写真にまつわるフィルムです。
解かされた封印 ~米軍カメラマンが見たNAGASAKI

このフィルムの中で、広島、長崎の原爆投下の是非の話が出てきますが、広島、長崎の原爆は、戦争という名の下に行われた人体実験であることは、多くの人が言うように、私もそのように思っています。
それらの情報は調べればいろいろ出てきますし、この映画のなかでもトルーマンの返答を聞けば分かると思います。


次はイラク戦争に行ったアメリカ兵の告発です。 
この動画を見れば、だいたい戦争というものの構造というものが分かると思います。
金儲けの為に戦争は作られているということ。
これはもう世界では常識になってきていることです。
この動画をあげた人の意見が「概要」をクリックすると見れますので、そちらも目を通すと分かるかと思います。
また色々他のYoutubeのリンクもあるので、見るとより構造を理解できていくかと思います。
(私は全部それらをチェックしてませんが、大体把握している範疇のことだと思われます)
戦争に行ったアメリカ兵の告発!「本当の敵はアメリカ国内にいた」(戦争は儲かる)


そして最後は、このような戦争をなくすための具体的な動きをしている映像で終わりたいと思います。
ちょいと間を飛ばしているように思われるかもしれませんが、この映像に登場し発言している人たちの言葉を聴けば、上記の映像とも繋がってくるかと思います。
日本もこのシステムにどっぷりです。 そして今安倍政権は戦争への準備を着実に進めています。
もっと複雑な構造で間は埋め尽くされていますが、金の流れを見れば、どこが問題なのか?ということが見えてきて、このベルリンのような動きがもっと世界に飛び火し、日本で起きるのも近いと思います。
FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ベルリンは目覚めた!"End US FED" in Berlin

私ももっと勉強しないといかんなとつくづく感じておりますが、このブログを見た人も同じように世界の構造を知り、勉強していってもらえたらと強く思っております。



単純に私は、この大好きな夏を、漠とした不安も、チクリとささり食い込んでくる憂いもなく、笑いながら自然と戯れられる日を望んでいるだけなんです。
人が人をはじめあらゆる生命を殺して行く山積みの問題が解消し、小さきモノらが笑う姿に、穏やかな未来を空想し、川に飛び込んでは魚と共に泳ぎ、山と共に風を感じて、神々と戯れたいだけなのですが、それは高望みなのでしょうか?
人はあらゆる生命を殺しつづける悲劇を背負い続けなければ生きられないのでしょうか?
ほんの数千年前なら出来ていたであろうことを、この現代で望むのは無理な話なのでしょうか?


War is over! if you want it.  何度も何度でも身体の中で響かせて生きたいと思います。







追記に、細谷幸喜さんのFacebook記事を載せておきます。
これは現在の日本の状況を分かりやすく解説してくれてます。

少し長いですが、たった10分。読まずに「いいね」は必要ありませんので悪しからず。
現在日本を取り巻く状況と、戦争へ進むカラクリを、我ながらこれ以上分かり易く、短く、かつロジカル説明しているものはほとんどないと言っても良い筈ですので、お読みになってご納得頂けましたらどうぞ拡散願います。
また、もっと詳しくお知りになりたい方は鬼塚英昭氏の「反日の秘密」をお読み下さい。

(仮題)反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの

テレビや新聞などの報道、コラムニストまで、防衛、愛国、嫌韓、嫌中など、押しなべて日本人のプライドをくすぐる耳障りの良い右よりな論調が多く、ネット上でもネトウヨやなんちゃって保守など、大して勉強していない口ばっかし君、いわゆる安倍信者達が、やれ集団的自衛権、FEMA創設、特定秘密保護法、NSA、特定秘密保護法を賛成していますが、その先に待っている地獄が来たときの覚悟は出来てるんでしょうかね?

そもそもこういう人たちの思考の根底には、中国脅威論(これはある程度理解できる)よりも何よりも、嫌中、嫌韓という感情論があるように見受けられますよね。
何かっていうと「○○チョン」「○○キムチ」「○○ニダ」、「中共」「シナ○○」って口汚く罵るでしょ。それって、アナタ達が馬鹿にしている彼らと同じレバルだよって情けなくなります。
近代の戦争はほとんどの例外なく、エスタブリッシュメント達の利益と思惑のために創られた対立軸によって引き起こされているものです。その創られた対立と情報操作により危機感、国民感情を煽ることにより、戦争へ向かう道筋が作られるのです。

感情論から生まれた対立の先に平和はありません。
そんな訳で、現状を生きる大人として、どうロジカルに思考することが大切かを考えて頂くために、反日の本質を書いてみました。
日本人皆がここに気が付いて行動できれば、決して日本がバカげた戦争に自ら巻き込まれることはありません。

まずはじめに、皆さんは、竹島は韓国がを不法占領してると思っていますよね。
ざ~んねん!ぶっぶ~っ!
国際法上はその通りですが、それはあくまでも表向きで、実はアメリカがそれを許しているんですよ。
どういうことか?
日本は表向きではあれ、国防(軍事統制権)の最高司令官は内閣総理大臣ですよね。(まっ、ここがネトウヨやなんちゃって保守達、安倍信者が勘違いしちゃう原因のひとつなんだけど)
片や韓国の軍事統制権を持っているのは米軍なんです。韓国大統領ではないんですよ。
つまり、アメリカが竹島から軍(便宜上の呼称はあくまでも独島警備隊)を撤退させろと言えばハイそれで終わりなんです。

じゃあ、アメリカは韓国支持なの?
ぶ~っ!それも違います。
要するにアメリカが儲かるか儲からないか、これが第一なんです。
まずは、日韓双方の対立を煽ることによって、ベラボウな価格の武器(例えば、日本が100億円で買わされるオスプレイ、アメリカじゃあ30億円)をバンバン双方に売りつけることが出来ること。
第二の理由は、日本にとってアメリカは、かつて原爆という世界最悪の人体実験で大量虐殺を行った憎っくき敵国。
片や韓国にとってアメリカは、太平洋戦争後も自主独立を認めずに、連合国による信託統治をし現在に至っている上、ソ連とともに祖国を分断し、朝鮮戦争に導いた張本人。

双方とも、反米になる素養は充分すぎる位ある訳で、要するに竹島は、アメリカにとって、日韓双方が反米で共闘しないように対立を煽るよう誘導させるアイテムなんです。

さらに言えば、現在の日本の食物自給率が戦後GHQの誘導で40%と言われていますが、韓国の食物自給率はなんと18%なんですよ。これも当然アメリカの思惑です。
また、韓国経済の屋台骨で、GDP(国内総生産)の18%、輸出の21%も占めているサムスンであっても、50%以上の株式を日本と米国の投資家や金融家が保有しているんです。

そう、日本がアメリカの召使なら、韓国はアメリカの奴隷なんですね。
つまり、現在の日韓対立の現状は、奴隷が召使をやっかみ、召使が奴隷を蔑んでいるから、お互い余計に旦那に擦り寄る。
旦那であるアメリカは、その自分への依存度を利用して、自分のパトロンである国際金融一味と軍産複合体により尽くさせる。これが日米韓の現在の構図なのです。

では韓国の反日はなぜ起きるのか?
日本が韓国を植民地支配をしたから?戦前日本が朝鮮人を差別したから?
ノ-!ノ-!ノ-!
80歳以上で、日韓併合時代を知る韓国、朝鮮人は押しなべて日本に好意的で、むしろ反日感情を持った人は少数派なんです。
ではなぜ?
そこには、日本人が味わったことのない屈辱と悲しみを味わい続けてきた民族ゆえの理由があります。
長く中国の属国であり、日清戦争後独立したのもつかの間、祖国は大日本帝国に飲み込まれ、太平洋戦争後は連合国による信託統治。
朝鮮戦争、ベトナム戦争参戦、散々血を流しながら一度も戦勝国に名を連ねたのないジレンマ。
そのなかでも朝鮮民族にとって最大の悲劇はやはり朝鮮戦争です。
大国間の思惑によって仕掛けられた代理戦争で、自分達の郷土で同胞同士が殺し合う(言わば兄弟で殺し合いをさせられた)400万人もの犠牲者を出すという、人類史上最も悲惨な戦争をさせられた非業の民族なのです。
それら一連の歴史的真実を突きつけられたとき、あまりの悲しさと、情けなさ、悔しさ、怒りをどこかにぶつけなければ民族のアイデンティティーは崩壊するのです。
それでも尚、信託統治され続ける現状に、韓国の民衆は怒りを爆発させ、あちこちで反米運動を起しました。
その反米のエネルギ-をそらす先としてアメリカが選んだのが敗戦国日本だったのです。
韓国政府にしても信託統治されている相手に逆らうことも出来ず、国内の不満分子を抑えなければなりません。
そう、本来なら朝鮮民族が怒りをぶつけるべき相手はアメリカであり、中国であり、ソ連であったはず、その鬱屈した韓国人のプライドのはけ口を、アメリカと便乗してすり替えたのが反日なのです。
こうした米韓両者の思惑が相まって反日教育、報道がなされた結果、今日、韓国ロビイストの活動がアメリカで支持される背景がそこにあります。

では中国はどうか?一見アメリカや日本と敵対しているように見えますが、人民元を刷っている人民銀行の金主はHSBC(香港上海銀行)でロスチャイルド系。
ましてや、CFR(外交問題評議会)の影響力の強い、上海閥の江沢民の直系の子分である習近平がトップにいる。
ね、尖閣問題で日本と緊張関係にある仕掛けがもうお分かりでしょう。

「世界的な事件は偶然に起こることは決してない。そうなるように前もって仕組まれていたと‥‥私は、あなたに賭けてもよい」(米国第32代大統領フランクリン・D・ルーズベルト)
反日感情にしたってそう、アヘン戦争以降、イギリスを始めとしたヨ-ロッパ列強に蹂躙され、日清戦争では格下と思っていた日本にまで戦争に負け、再度日中戦争でボロボロのところをアメリカの参戦で太平洋戦争に持ち込み何とか戦勝国となった。
それでも、大国ソ連には政治干渉を受け続けるわ、人民元の管理のため、香港を窓口にイギリス統治を受けるわで、アジアの覇権国だった面影はどこにもない状態。
それでもイギリス、アメリカのおかげで戦勝国(常任理事国)入りできた経緯もあり、イギリス、アメリカ、そしてソ連に頭が上がらない状態だったのです。
それまでの経緯から考えれば、本来なら中国は反イギリスになって然りなのです。それを反日にすり替えて国内のガス抜きをし、溜飲を下げてきたのが最近までの中国の反日の本質。

一見何の関係もない捕鯨問題もそう。捕鯨に先頭になって反対しているのは、アメリカ、イギリス、オーストラリアなどの戦勝国です。
シ-シェパ-ドやグリ-ンピ-スの活動資金を出しているのもこの国の連中。
その証拠に、堂々と捕鯨している同じ捕鯨国でも、ノルウェ-やアイスランドは非難されないでしょ。
要するに反捕鯨運動も創られた反日と同じで、どれだけ日本人は野蛮か!すぐに傍若無人を働く民族か!「日本は危険」という、世界的なコンセンサスを得るための「悪のレッテル張りキャンペ-ン」なのです。

因みにアメリカは燃料や潤滑油を採取することを目的に世界中で散々捕鯨をしてきましたが、石油が発見されるや19世紀の終わりにはさっさと捕鯨から撤退。いつもどおり、こいつらの行動規範は儲かるかどうかだけ。
人道とかヒュ-マニズムの対極に位置するのが奴ら。
1972年にはアメリカは捕鯨禁止を法制化し、同時期にグリ-ンピ-スが設立されました。韓国が国を挙げて反日教育を始めたのも1970年代と言われています。ね、メチャメチャにおうでしょ。
因みに、アポロ計画で使用していたマッコウクジラの脳油、捕鯨禁止国のアメリカがどうやって手に入れてたんだろうね(笑)
(マッコウクジラの脳油はマイナス40℃になっても凍らないためアポロ11号などの宇宙船の潤滑油として使用されていた)

話がそれましたが、今、中国に韓国が擦り寄っているのは、ただでさえ経済が下落する中、日米の資本家が距離を置くことによって近い将来経済破綻することを懸念してのことなのです。で、一緒になって日本に「補償しろ~!」って叫んでいるんですが、それはほんの表面。
中韓連合と日米越連合が緊張すれば武器が売れる♪石油も売れる♪戦争すればもっと売れる♪長引けばもっと売れる~♪
世界中の中央銀行オ-ナ-たち国際金融屋&軍産複合体達はまたまた儲かる♪ってな寸法

石原新太郎が、尖閣購入記者会見を行ったのが、なぜ東京都庁ではなくワシントンだったのか?
すべては危機を創出し、武器を高値で購入させ、戦争を起こし、長引かせ、さらに武器を買わせて、その購入資金を貸し付ける国際金融家と軍産複合体の偽ユダヤ人達が関与しているのです。
「我に通貨発行権を与えよ。さすれば誰が法律を決めても構わない。」(マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド)

信じられない方はどうぞ調べてみてください。
アヘン戦争、アメリカ独立戦争、フランス革命、明治維新、日清戦争、日露戦争、辛亥革命、第一次世界大戦、ロシア革命、ドイツ革命、トルコ革命、、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、昨今の湾岸戦争、アフガン紛争、イラク戦争、ジャスミン革命、エジプト革命、中東戦争、湾岸戦争、アフガニスタン攻撃、イラク戦争、リビア革命、シリア内戦、ウクライナ問題、ガザ空爆、すべてにロスチャイルドをはじめとする国際金融家と軍産複合体が後ろで糸を引き、第一次世界大戦まではイギリスが、第二次世界大戦以降はロックフェラー主導のもとアメリカがその代理人として、ほとんど全ての戦争に関わっています。

つまり、全ての戦争は、ほんの一部の人間達が莫大な利益を得るために、用意周到に練られたナシナリオどうり、安倍ちゃんも含めた各国にいる彼らの手下どもは、舞台の上で踊らされているだけの壮大なイカサマ劇なのです。

今を生きる我々日本人にとって、最も大切な事は、過去の与えられた情報ではなく、正しい情報を集めるための少しの努力と時間、それらをきちんと分析できる冷静さと見識、暖かな心ではないでしょうか。

追記:ここで私が批難しているのは、アメリカ人でもイギリス人でもありません。
私が批難しているのは、その政府とそれ等を操る、国際金融家、軍産複合体とその仲間の企業達であって、全ての一般市民は被害者でしかありません。

細谷幸喜

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード