大掃除

 



今年は大掃除をしっかりした。

やっぱり掃除はいいものである。 
以前も自分のグループKIUNJIで掃除をテーマにして公演を打ったが、改めて掃除の良さを実感した。
勢いあまって、自分の住んでいる建物の玄関口まで掃除したのも、気分が良い。

自分の住んでいる部屋、建物は自分の反映でもある。 
これは、それを意識するかしないかで、その差は大きい。


生躰研究家として言わせてもらうと、その意識を持って掃除をすることによって、自身の身体も清まるわけである。

掃除というのは清めの効果であり、実際に埃がどうの、ごみが無くなったのなんていうのは、私から言わせてもらえば、おまけに過ぎない。
掃除の根本的な行為の重要性は清めである。 (もう断言するわ)

自分の滞っている部分を感じながら、掃除してみて欲しい。 そうすると本当分かる。 
特に、ぱっと見で見えないところなんか掃除したりすると、これまた気分がよくなる。 
自分の見たくないところほど、清めるのがお勧め。

まあ、そんなこんなで、水周りから攻めて行ったのだが、やっぱり水周りは重要な部分である。
人間の身体は7割以上水分で満たされている訳だが、そこを清めるのはとても有効である。

といいつつ、なかなかもう取れない水垢や、カビなどを発見するのだが、それも私の中で、(また世界の中で)取り返しのつかない汚れなのだとも思ったりもしながら掃除していた。 

因みに風呂用の洗剤は、一応地球にやさしいものを購入して掃除させてもらった。 
それでも、洗剤というものを使わなくてはならないということは、それだけでも地球に対して害を、穢れを生み出して、送り出しており、それが巡り巡って、また私の中で蓄積されていくわけで、やはり根本的に、汚れが発生しないように生活するのが、一番いいと思いながら、せっせと掃除に勤しんでいた。

と書きたいことがまだまだあるのだが、とりあえずもう出かけなくてはならず、また続きは年明けにでも書きたいと思う。


今年の1月1日はなかなか象徴的な元旦である。
新月であり、旧暦で言えば12月1日。 

そんなこんなで、私は掃除もさることながら、物理的にも身を清めるということで剃髪せり!笑

綺麗さっぱり、新暦の新年という季違いも利用しつつ、新たに来年を迎える次第である。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード