風邪

私はちょいちょい風邪をひきます。
(インフルエンザでは無いです)

大概は理由が分かります。

身体の偏り運動と、それをケアーすることを怠ったためです。


風邪の前兆には気付いてはいるんですが、ズボラなんですね。ちゃんと身体の声を聴かないんです。

そうするといよいよ本格的に身体が強張りまして、風邪をひくわけです。

風邪というのは、身体の偏りをバランスよくする弛緩の動きで、身体さんが勝手にやってくれるわけです。 (身体の敏感度に依りますが)

偏ったバランスが良い感じになる迄の過程が風邪というわけです。

ある意味身体さんをよりgradeupするチャンスでもあるわけなんですが、まあ身体の偏り具合で、しんどくなったりもしますし、弛みの動きですからダルい感じもするわけですが、何気にイメージで、風邪→しんどい、ダルい、を作っている場合も多々あります。

(精神的な偏り、欲求も身体さんには無論反映しますよ、何せ身体はあなたの人生そのものですからね)

熱が40度以上出れば最高なんですがね。なかなか出ません。体力が無いと出てくれません。
「叶いたがるは悪し
叶うは良し」です。


で、風邪をひきまして、踊り以外ですこぶる身体を酷使したんですが、風邪が一段階経過したようです。

しかし酷使したわけですから、こいつをまたしっかりケアーしないと、風邪の経過が遅くなる可能性は大です。

なので、バタンキュ~と行くわけには行かないんですが、行きそうです。

また風邪については、機会があれば書きたいと思いますが、またの話で…

因みに薬は飲まない方がいいです。

経過を遮断するからです。
遮断された偏りはまた別の形で現れ、現れたら風邪より大変なことになります。


最後に、「身体は無駄なことはしない、全て必然」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード