閃き



ん〜ひらめきたいのにひらめかない。

ということで、「閃」という感じの語源を調べてみる。

1990年の福武漢和辞典にはこう書いてあります。

門のすき間から人影が見えるさまで、チラッと見える意。
ひいて「ひらめく」意に用いる。

らしいです。 とこう説明を知ると、ちょいと「ひらめく」という私のimageとはちょいと遠い感じがしたのですが、まあ、いいか。

意味の方は、興味深いのを抜粋すると、「きらめく」「一瞬光る」とあったりするのですが、
やっぱり光と関係しているわけですね。故に影とも関係しているわけだけど。

「輝く」「煌く」「燐く」・・・

ん馴染みのあるからかもしれないけど「輝く」をひらめくと読んでも何だかよさそう(笑)

何かの子供番組か、アニメ?かで、閃くのを電球が灯るので表現していたのがあったと思うんだけど(何かは忘れたな)とても感覚的で素晴らしいですね。

あと、一休さんは、音でしたね。チーン!ってやつだったと思うんですけど。 
それもとても良いですよね〜。 


ということで、ヒラメキたいのですが、なかなか閃いてこないみたいですね。 困ったな〜。


まあ、それは置いておいて。

この「ひらめき」っていうのが、とっても良いわけです。

もちろん、人の思考とかアイデアとかのことでもそうなんですけど、そこへのフューチャーじゃなくて、

身体のひらめき!

生命の感覚を感じるのって、ひらめきに似てるわけです。 似ているというかひらめきそのものといってもいいかもしれない。 

身体の感覚に乗るって、ずっとひらめき続けているようなもんなんだと思うですよ! 

で、そいつはきらめく感じやかがやく感じだったり。
深海の生き物、クラゲとかイカとかが凄くカラフルに光り輝いていたりするじゃないですか。
あんな感じに似ているんですよ。 

特にこれから夏に向かっていくと、とっても色彩の世界がハッキリしてきたりするので、より光輝くように身体はひらめき続けていて、ワクワクしてしまいますね〜(笑) 


という感じで、俺の頭の中も光り輝いてくれないかな〜(爆) 


あ〜時間ね〜。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード