すっかり、ほったらかしになっていたこのブログ

最近はSNSで小出しにoutputしているせいか、ブログという媒体に何かしら書こうということをすっかりわすれてしまっていたものでした。


もっと気軽に書けばいいのかもしれないな・・・どうでもいいことをつらつらと。

とは言っても、これは如何せん世間様にさらされているということがあるので、誰かしらが、このブログを読んで
何かを感じてもらえるようなみたいなものを、とか考えてしまうから、pressureみたいなのがあるわけですな。

ほんでもって、ちょっと伝えたいことみたいなものは、SNSでoutputしてしまっているので、欲求が収まってしまっているわけで・・・・

というかんじで、どうでもいいことをここまで書いてきているわけで、どうでもいいことを書くかんじで行こうかと、思っております。 






それで最近、花をテーマというか、私の座右の銘が「誰が為に百花咲く」なわけなのですが、その座右の銘を扱う公演というか、performance的なものを6月の末にやるので、花をちょいちょい街中で見かけては、目を止めて眺めるわけです。

そんな中で感じていることなのですが、つい先日も花屋さんへ行ってみまして。そこで花を眺めさせていただいたわけなんですが、まあ色々な花があるわけなんですが、何だか生命力を感じないわけなんですね。

もちろん、生花ですから、生きていることに間違いはないのですが、どうもグッと来ない。

で、それと比べるのもどうかと思うのですが、街中でよく見かけるのが、アスファルトの間からとか、舗装道路のブロックの間から生えている花とか、草とかを見ると、生命力をグッと感じるわけなんです。

これって印象の問題、イメージの問題なんじゃないかって自分でも疑ってみるんですけど、ん〜それも0ではないとしても、やっぱり違うですよ。 生命力が。

その差って何なのかな〜とか思ったんですけど、土かなとか思うわけです。

土というそりゃまた生命の塊みたいな存在があって、その生命と直に繋がって花や草がまたいるわけでして、そういうものから離された生花達は、やっぱり少し生命力が落ちるのかな〜とか。

生命ってやっぱり単独では成立しないというか、弱くなるんじゃないかって思うわけですよ。

「人は一人では生きていけない」って言いますけど、人と人の関わりはもちろんのこと、食に関しても、空気に関しても大地に関しても、関わっていないと生命力は弱まってしまうんだろうな〜と感じるわけです。

あんまり分けるのも何なんですけど、やっぱり自然物と呼ばれる生きたものと関わっていると、生命力っていうのは増すというか輝くと思うですね。 

でもそれっていうのは、生命の「与え合い」っていうより、生躰研究家としては「響き合い」ということにさせてもらいたいですね。

「与え合い」って一見良い言葉だと思うのですが、それには競争と損得みたいなものが発生すると思うわけです。
最終的には「与え合い」だったものが「奪い合い」に代わって、今の人間社会みたいな感じになってしまう。

だから私としては「響き合い」っていうことにして欲しいし、実際そういう身体性ってものがあるわけなんですから、それをピックアップしていきたいと思う次第でありますね。

てな感じで(笑)

ちょいと花屋さんにある花や草と、道端に生えている花や草の違いを気が向いたら感じてみてください。 










あっ、そうそう。 そんなちょいと花を見つけては、ちょいちょい目に止めている日々なのですが、

そんな繋がりで活花に興味あるわけです。

私があまり生命力を感じない生花を、活かすというアプローチをしているかどうかは知りませんが、人間の美意識というものを活花というものを介して表現する活花とは、どんな感じなんだろうな〜と思う次第です。

「美」というのは私は生命力だとおもっているので、生命力の弱くなっている生花を、人間の美の感覚によって活かすということをしているとしたら、何とも矛盾しているからこそ、面白く残酷で淫靡な感じもするな〜とか想像を孕ましている昨今であります。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード