巡る言葉

巡ってきた言葉を自分に落とし


今度は自分から巡らしたら 


また帰ってきたよ


ずいぶんと深みを帯びて


「お帰りなさい」



身なりは変わってないからって騙されちゃいけない


君はまた僕に何かを伝えるために巡ってきたんだろ?


もう一度僕は君とじっくりと向かい合う必要があるんだね


ごめん 正直言うと 忘れかけてたんだ  


感謝するよ








「ありがとう」 帰ってきてくれて




 
僕の敬愛する詩人は言った。


「言葉は誰のものでもない みんなのものだ」 



誰かが言った素敵な言葉が、誰かに伝わって、人と人の間で飛び交って、その言葉はまた大きく強くなって自分の元にまた戻ってきたりして、言葉はむしろ、誰かの中にあるのじゃなくて、人と人の間にあって、あっちへこっちへと動き回っているのかもしれない。 それをどう捕まえるのかってこと。


「言葉は誰のものでもない・・・」



そういう一面もあるとおもったんです。


どうでしょう? Tさん? 


そうですよね~。 はい、わかりました。(笑)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

もし 立ち止まる人生があるなら

言葉もそれと同じで

人生そのものかもね
プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード