スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートって何だ?



新たなプロジェクトに参加することになった。

もちろん私は舞踊家として、身体表現者として関わるのだが、振付のような、アイディア提供のような事が主な仕事ととなる。
あるイベントを形ずるくのだが、その私が方向性を付けていく表現者たちは、ある意味天使達だ。

(この天使という表現が、今後私にとって的を得ている表現となるかは、これからの問題であるのだが、今は単純にそう表現している)

天使達は天真爛漫で、世間、社会から開放された者たちだ。

単純に芸事をやっている者から見ると「自由」ということばがマッチする者たちで、アートという括りの中で、その「自由」さは、アートに携わる者なら、手に入れたいと切望している類のものだ。 
(無論それは、アーティストに関わらず、誰もが望んでいるものでもあるのだが)

まるで子供のような、既成概念から開放された者たち。

そんな彼らが、既成概念から如何に自由であろうとし、多彩で多様であることを要求される近代が生んだ舞台形式の中で、何かを表現してもらおうと企画したイベントであるのだが、様々な疑問が私の中で次々と生まれてきている。

その中でも「アートとは?」という事も浮上してきたわけだ。 

例えば、まだ客観的視点を持たない小さな子供が表現するようなことは、アートと呼べるのだろうか?ということが、私の中で再度浮上してきた。
如何に「自由」であるかが重要な要素ではあると私が思っているアートの世界で、無垢なる者たちの自由度はアートになりうるのか?


これは私が芸事を始めてきてから、いく度となく私に訪れた疑問である。

そして、今回の仕事をキッカケに、また自分の中でわからなくなり始めてきた。

「芸術」は芸と術だ。

だがアートと呼ばれるものは、現代は往々にして、芸も術もないものが蔓延っているように感じる…

子供らの自由な発想、素直な身体に憧れている私…
私が感銘を受けた作品たち…
洗練されたものが好きな私の嗜好…


そんなこんなで思考を巡らせていると、自分が様々な枠に捕われていることに気付いて来る。

自由を求めつつも、本当に何の枠組みもない自由に対して、どこかで恐れを抱いているのだろう。
そして本当に何の枠組みもない自由は存在するのだろうか?
存在するとしても、そうなった時、またはそうである時、私達はそれを認識できるのだろうか?


とにもかくにも、自由にスポットを当て過ぎているのかもしれないが、芸術に勝ち負けがあるとしたら、自由度の差だ。しかしそれはテクニックからの自由さだ。 テクニックが無ければ、自由も計りようがない。

アートという言葉が、観念が定着しつつある中で、その観念が何をもって成り立っているのか? どのような現象をどのように感じたときに、人々はアートと認識するのか? 
これは、芸事、芸術に携わる者に必要な探求なのかもしれない。
 
そうこう考えているうちに、私の中で芸術とは、やはり洗練されたものを芸術として定義していきたいと思う。
そしてその私の定義が、天使達との交流の中で、如何ように変化し、再構築されるのか、楽しみにしていきたいと思っている。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。