『bud』-蕾 公演案内。 2012年2月15日(水)




無事公演終了しました。

客席定員超えるような大変狭い中で、最後まで御付き合いいただいた皆様、誠に有難うございました。
心より御礼申し上げます。
それから、キャンセル待でも御観劇出来なかった皆様、誠に申し訳ありませんでした。

とにかく、多くのお客様に観て頂き、共に「bud」を作り上げられたことに、感謝の念を捧げます。
有難うございました!




これからも精進していきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。





special thanks


金野泰史作品

衣装:
Junko Flyman Kosaka flamingokostum.com/profile/profile.html


音楽協力:Rai 







『チケット完売』

昼の回、夜の回共に定員に達しており、当日券もほぼ無い(立見で2枚?)という状況です。
有り難い限りです。


チケット購入また御予約して頂いているお客様、この度は誠にありがとうございます。

誠意込めて頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。
劇場でお待ちしております。


『bud』



●日時:2012215日(水) 
第一部:開場14:30、開演15:00 第二部:開場19:00、開演19:30

●料金;前売¥3500(当日¥4000)

●場所:日暮里d-倉庫
東京都荒川区東日暮里6-19-7 2F
03(5811)5399 
http://www.geocities.jp/kagurara2000/index_d.html

●チケット申し込み
Emailで承っておりますhanaohanaoo@gmail.comまで、お名前・公演時間・必要枚数をお送りください。

【企画/制作 bud0215】
http://ameblo.jp/hanao-hanaoo/
(情報の提示、各々のDancerが更新してもおりますので覗いてみてください)


出演
構成/演出/振付/出演:ナオミミリアン

振付/出演:金野泰史
 

振付/出演:柴田恵美

振付/出演:石井則仁

エアリアル振付/出演:Kaeru
 

振付/出演:池田美佳(共同振付)池島優/千田真司/長谷川まいこ/船崎まり子
 

出演:齋藤英恵/坂本博美/新井希望/土肥靖子(東京シティバレエ団)/小山衣美/大塚陽
 

振付:二見一幸



照明:足立恒 音響/音楽デザイン:坂出雅海 舞台監督:浅香亨


制作協力:竹内静香/曽我部智子/三宅朋子/岡本希美 
協力:六本木金魚/ちーくん食堂



フライヤーデザイン:大島武宜

bud_front_convert_20120109225356_20120109225621.jpg 




フライヤー裏面は続きにあります! 
代表振付者の写真も載っているので観てください!




bud_back_convert_20120109225441_20120109225621.jpg 



http://ameblo.jp/hanao-hanaoo/

こちらのブログにもっと詳しくそれぞれのdancerのプロフィールを載っけていくので、是非是非観てください!
みんなすごく活躍しているdancerです。

それから、スタッフさんが凄いのです。
超一流の方々


これは見逃せない!
絶対必観








コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~。
遅くなりましたが、お疲れさまでした!楽しんで拝見させて頂きました。

立棺、渋いっすねー。
立棺は荒地の中で一時期流行ったコンセプトで、結構皆使ってるんですけど、
中桐雅夫だったか三好豊一郎だったかが最初にアイデアをもっていて、田村隆一に「これお前にやるよ」
といって、結局、田村隆一がそれを表題にした詩を書いたらしい。
というオタクの雑学ネタを思い出しました。なんかそういうのいいですよね。

コメントありがとう。

何とも素敵なオタクネタ! 
萌えちゃうわ~! ありがとうございます。



> こんにちは~。
> 遅くなりましたが、お疲れさまでした!楽しんで拝見させて頂きました。
>
> 立棺、渋いっすねー。
> 立棺は荒地の中で一時期流行ったコンセプトで、結構皆使ってるんですけど、
> 中桐雅夫だったか三好豊一郎だったかが最初にアイデアをもっていて、田村隆一に「これお前にやるよ」
> といって、結局、田村隆一がそれを表題にした詩を書いたらしい。
> というオタクの雑学ネタを思い出しました。なんかそういうのいいですよね。
プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード