観賞「この物体」

昨日はNUDE主宰の目黒大路の公演「この物体」を観に行きました。

目黒さんは私の舞踏の先輩で、ダンステクニックを教わった人です。
NUDEの旗揚げから参加させて頂き、多くを学ばせてもらいました。

目黒さんはNUDEの他、室伏鴻氏のCo.&edgeで活躍されてます。


それで今回の公演は、目黒さんらしく、とてもストイックな作品で、久々にいい影響を受けた作品でした。

どちからといえばマニアックな作品であるので、踊りを見慣れてない人はどう感じるかは分かりませんが、あのような作品がもっと日本で評価されるような環境が整うことを望んでます。


これからも目黒さんの踊りには注目して行きます。

このBlogをご覧の方も、目黒大路の公演予定を目にすることがあれば、是非観にいってみて下さい。


私も遅れを取らないようにいい作品を生み出して行きたいと思ってます。

少しでも目黒さんや私のような踊りが盛り上がって行くように願っております。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
また2013 年より生躰研究家、金野泰史として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身体の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会も行っている。
2016年より韓氏意拳や武術を始め、他ジャンルの身体、古の身体を通して躰を練っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬を行い、舞踊家・俳優YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。


このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード