『あなたの中の最良のものを』




自分の方向性がリンクしているのだろうか? 

最近マザー・テレサの言葉をよく目にし、感銘し、人に話したりしている。

到底及ばぬ彼女の境地に、小生の歩がリンクしているなどというのは恐れ多い話であるのは承知の沙汰だが、是非このブログを見ていただいている方々と彼女の言葉をシャア出来たらということで、引用させていただく。


 



『あなたの中の最良のものを』 マザーテレサ



人は不合理、非論理、利己的です 
...

気にすることなく、しなさい。


あなたが善を行なうと、利己的な目的でそれをしたといわれるでし
ょう

気にすることなく、善を行ないなさい。


目的をたっしようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう 

気にすることなく、やり遂げなさい。


よい行いをしても、おそらく次の日にはわすれられるでしょう

気にすることなくし続けなさい。


あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷付けるでしょう

気にすることなく、正直で誠実であり続けなさい


あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう、

気にすることなくつくり続けなさい。


助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。

気にすることなく、助け続けなさい。


あなたの中の最良のものを、この世界に与えなさい、たとえそれが充
分でなくても

気にすることなく、最良のものをこの世界にあたえつづけなさい。


最後に振り返るとあなたにもわかるはずです、結局は全てあなたと
内なる神との間の事なのです


あなたと他の人の間の事であった事は、一度もなかったのです





再度読み返して、内なる身体のなかで結ばれた潮流が巡り出し戦慄いている。

多くのかたじけなさと、ありがたさが震えに似た動きと化しているこの瞬間。


この言葉に出会えたことに、感謝多謝。 














これより前に出会ったマザー・テレサの言葉は、確か・・・


(内なる)神は「成功」よりも「挑戦」しつづけることを望んでいる。


そんな内容だった気がする。 (まったく私のこの辺のいい加減さは相変わらずだ 笑)

この言葉も今の自分に、全身を吹き抜ける風のように通り過ぎていった言葉だった。 


上記の「全てあなたと内なる神との間の事なのです」 「あなたと他の人の間の事であった事は、一度もなかったのです」は、僭越ながら私が舞台上で目指している状態だ。


私の中の話だが、とにかくリンクしてくる。 

マザー・テレサの本(あるかどうかも知らない程彼女について明るくないが)をこれを機に一つ手にとってみようかと思っている。









コメントの投稿

非公開コメント

No title

これは本当に勇気付けられますね。処処気にしていると、ま~生きていけませんので、、、。内なる声にしっかり向き合い良き行いを迷わず続ける。ほんの小さなことでもやるしかないです。こころが穏やかになりました。感謝。

恒星コメントありがとう。

また今読み返すと、違った印象を受ける。
言葉とは面白い。いや人間が面白いのか?共にか!

その瞬間瞬間、出合いの中で、変わらぬものもあれば変わるものもある。

変わるものへ目を向ければ、常に流れ動く時のチカラを感じる。

俺は変わるものの方に集注するよう心掛けるよ。


因みに、『気にせず…』ってどれも気にしちゃうものばっかりだ(笑)

鈍感にならず過敏にもならず、気付きつつ、淡々と受け入れられるようになりたいもんだ。




No title

こんにちは。
マザーテレサの「最良のものを」を探してここにたどり着きました。

突然で申し訳ありません。
こちらに掲載されているマザーテレサの言葉を
ボイスロイドというソフトで朗読させて、
ニコニコ動画にアップロードしたいと考えているのですが
著作権的に可能なのでしょうか?

また、問い合わせ先がどこか他にあるのであれば
教えていただければ幸いです。

以上、突然で申し訳ありません。
ご回答お待ちしております。

※ボイスロイドとはこちらのソフトです。
http://www.ah-soft.com/voiceroid/yukari/

Re: No title


著作権のことは、残念ながら全くわからないのです。
この言葉もFacebookを通して知った言葉であるので、何とも出どころさえも分からないものですから。

悪用するわけではないので、問題ないとは思うのですが。

すいません、全然回答できずで。
プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード