美についての覚書



美は生命力

生命力は美 


喜びの中にも楽しさの中にもまた怒りの中にも、そして悲しみの中にも美はある。

だがそれは、その感情の出来事を美化することとは違う。 

 
怒れるものには、怒りがあり。 悲しいものには、悲しみがある。  

近松の心中の美意識は、心中それ自体は悲しみでしかない、そこにあった生命力が美しかっただけであり、形式の事柄が美しいわけではない。

美の反対はない。 醜いは美の反対はない。 

反対のないものにはチカラがある。 または相対的に認識しなくなった時において、チカラは出てくる。

故に美は当たらない、つまらない、引っかからない

チカラとは通り抜けるもの 

故に美は通り抜ける

美に気付いたとき、触れたとき、人は感動する。

美は感応する。 

感応は人間のチカラだ。



美は生命力 

生命力は美 


生は死の反対ではない。表裏一体

故に死にも美はある






「美しいものの傍らにわたしはいる・・・」 

そう始まる詩を思い出している。


















コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード