個人から国の要素は汲み取れる


国から個人の要素は見えてこない


この相対的でない「国」ってなんだ? 




社会の最小単位は家族と言う。 

しかし私は国から名をもらっていない。 認可はされているが。 

もし国から与えられた名があるとしても、私個人の消えたナンバーリング。 住基ネットだ。


国ってなんだ? 



私がささやかな幸せを感じる時、私は国に感謝の念は湧かない。(それは問題かもしれないが)

でもそれがリアル。

私のささやかな幸福感と関係ない国



国ってなんだ? 



私が国について考える時、私が名を呼ぶことの出来る人々の個性は切断されている。 



国ってなんだ? 



私は医者にかかることなく死を選択出来ない。 私には自然死が認められない。 


私の死に方の自由は奪われている。 それは生き方も奪われているのでは?


国ってなんだ? 






















本当の自由なるものがこの世にそんざいするならば、身体の自由をまず獲得しなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード