物語


ここ数年全くと言っていいほど、小説を読んでいない。
(例外として村上春樹氏の新作は読んだが)

本自体を読んでいないのではなく、小説を読んでいないということで、それは私にとってある意味物語を欲していないということだ。(映画は観るけど)


「物語」といって浮かぶ作家は私にとっては中上健次氏だ。
少し考えれば他の作家も出てくるが、私の思うところの「物語」は中上健次なのだ。
で、その「物語」とはと言い出すと長くなるので置いといて。(一つ言えば口語の文語化)


最近ふと物語を読まなくなったのは、体力が低下したからではないかと思ったわけだ。
それこそ20歳前後の時は、物語を欲し、何だかよく内容が分からないものにまで手を出し読んでみたりしていたし、多少哲学的なものにも手を出したり…今思うと、読書速度の遅い私がよくもまあついていけない内容の物語も時間をかけて詠んだものだと関心してしまう。
小説と向き合って、何かを必死に求めていたような気がする。

だが現在はより実質的と言うか、具体的なものを好んで読んでいる。
比喩や暗喩に隠されたものに、実を空想するよりも、具体、現実的なものから空想を広げるアプローチだ。
そんな中、また私の中で物語の中に埋没したい欲求が沸いて来ている。

その理由を聞かれれば(まあ聞かれることはまずないが)、正直この世界の現実として認識されうる現状に嫌気がさしているのは、大きな理由の一つだろう。
それは物語の中に入ることにより、現状から離れることと、離れたところから、現実に還元していくアプローチが今は欲しいのだ。
物語を介するからこそ、広がる空想、想像、ビジョン。

今の私は、現実、実質的な世界の断片を集め、その捉えた世界の中で何かを結び付けようとしているが、果して芸術家はそれだけでない何か見えなくなった世界を見詰め浮かび上がらせるのが一つの役割だと思っているからして、その不可視な世界に移行しやすくするために、物語を必要としていると思ってみたりしている。

はてさて、そんな欲求のなかで、どんな物語をチョイスするか? 
まだまだ私には文化人として読んでおいたほうがよい小説は山ほどある。 
そして家に、まだ手をつけていない小説もある。
その一つにドストエフスキーのカラマーゾフ…(こんな重要で常識的な作品もまだ手をつけていない怠惰な私)

じゃあカラマーゾフからはじめるか!と思ってはいるのだが、ん~長い(笑)困ったものだ。 

そんなふざけた私には何かジャブ的な小説からはじめたいところだが、何にするのやら。 


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード