人間は言葉で出来ている





「人間は言葉で出来ているのではないか?」


そんな空想をしてみる。


リズム、強弱、高低、旋律・・・波動 音 色 形 


遺伝子は記された記憶


記憶は言葉 言葉は記憶


神の世にも言葉があると聞く   ことのは


僕らが表せる言葉はほんの一部で


目に見える皮膚や肉や血みたいなもの


念話が使えたらよりはっきりするのかも


赤ちゃんと母親の関係みたいに


言葉は響き、染み入り、伝わり、共鳴し、馴染んでいく


音になって 形になって 意味が共有される前の「言葉」 


人は本来の意味合いとして、発明することは出来ない、発見するだけだ


まだまだ発見されていない言葉が体中にひしめいている


「君は君自身の名前を本当に呼ばれたことがあるかい?」


なんていうフレーズを思いついたこともあったな。 


なんだか広がり過ぎて収集がつかないや


一つ一つに関わると、その元の一つに帰れなくなる でも一つなんだよな~ 


それも時と場合による一つ






終わりなき戯れ    



どうしても何かにまとめようとしてしまうのは悪い癖だ。 と思う。



最近は無責任になるのがテーマ


そのバランスも度合いもタイミングも間合いもまだまだつかめず 



すぐに答えを欲しがるのは悪い癖だ。 と思う。 



あ~そうそう、随分と時が早いですね。 















 











コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード