「勘」・・・今を生きる







私は「今を生きる」を勘違いしていたようだ。



これは私だけの話かもしれないが・・・


簡単に言えば、考えずに行動する。 無責任に決定して行動する。


私は随分と考えずに行動していると思っていたのだが、多くの場合何だかんだ考えて行動していたのだ。


そして何も考えないで行動するための衝動は何かといえば、「」 



千三百年前からの姿をそのまま残す法隆寺最後の棟梁 西岡常一。
氏は言う。


「科学はややもすると、経験や勘を枠の外に外そうとする傾向がありますが、経験も立派な学問なんでっせ。数字や文字にできんからというて無視しってたら、大きな損失ですな」 


そしてまた、その弟子の棟梁 小川三夫(鵤工舎舎主)氏は言います。 

「法隆寺や薬師寺の建物は、職人から職人たちへの手による記憶によって引き継がれてきた。
その手の記憶は、この後にかに科学が進んでも、言葉にも数式にもよらす、やはり人間の体を使ってしみこませた記憶によってしか伝えられないでしょう」



このお二方が言っている「勘」とは、私には文化そのものであると感じます。


そして私が「勘」で行動できないのは、その文化を失ってしまったのも大きな原因だと思うのです。 


ここで言っている「勘」とは、ヤマ勘とは違うものです。 
西岡常一氏が言っているように「、経験も立派な学問なんでっせ。」
ということです。

学問ということは、学ぶことが、鍛えることが出来るのです。

だが、その学ぶための場がないのが問題でもあるのですが、やり様によっては学び鍛えることも出来るでしょう。

それは本来の科学的なことであるかとも思います。 


そんなことを思いながら、もう一度「今を生きる」ということを少しずつでも実行していきたいと思っております。 









(

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード