本番折り返し



梅田インスタレーション+ダンスパフォーマンスが無事半分終わりました。 


あと2回、今週の金、土曜を残すばかり。 


出来れば、この企画でツアーでも回れたらいいな~などと思います。 


この企画でなくても、自分の公演でもなんでもそうなのですが、やはり本番が一番成長するというか、一番大切な経験の場なので、同じ作品で多くやるには、ツアーが一番いい。 舞台表現者には本当に大切な経験値となるんですよね。 


とはいっても、なかなかそのチャンスを勝ち取れる表現者は少ないものです。 実力はあるのですが、政治経済権力の問題もあって難しいのが現状。 
そう遠くない将来、韓国に芸術、表現の場は移行していくことになるでしょう。 

(まったくその重要性に気づかない権力者がほとんどだから、困ったものだ) 



ということで、今日からまた少し世を忍ぶ仮の姿で日銭を稼ぎに行きますが、あと一週間は具体的な表現の場を中心に生活できるこの環境に感謝して、精進していきます。 


ということで、お時間ある方は是非会場まで足を運んでいただければと思います。


それでは、会場で会えるのを楽しみに! 







あっ、ご来場いただく際、私の連絡先を知っている方は、連絡いただければ、関係者割引で300円引きになるので、ご連絡ください! 



言うの遅いって? すいません(笑) 


よろしくお願いします!






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード