主催より

宣伝用フォーマットが届いたので、掲載します。





S20 梅田宏明  気鋭の振付家•ダンサーにして、美術&映像作家

初のインスタレーション展示!!

 

“Holistic Strata installation”

~知覚の臨界を表出する。光、音、身体が織りなす層~

 「Holistic Strata Installation」は、YCAM委嘱作品として発表される新作「Holistic Strata」(ダンス作品)のインスタレーション版として、世界初の展示となります。視覚的なインパクトを発揮する刺激的な空間と、身体の動きがシンクロした作品は世界各地で注目を集めています。抽象度の高い点(ドット)の映像が用いられており、観客はその無数のドットの動きで埋め尽くされた圧倒的な空間で、知覚の臨界を体験することとなります。また展示空間内においてダンサー達による各15分程度のダンスパフォーマンスが催されます。是非、ご来場ください。

 

Aプログラム:田畑真希、大竹千春、金野泰史

Bプログラム:奥野美和、笠井瑞丈、アレッシオ・シルヴェストリン

【梅田宏明ウェブサイト】 http://hiroakiumeda.com

 

日時:

   <インスタレーション>

    2011年3月4日 (金)~13日(日) 13:00~20:00

    <ダンスパフォーマンス>

     2011年3月4、5、11、12日  Aプログラム 19:30~20:15

                                                         Bプログラム    20:30~21:15

*パフォーマンス中のインスタレーションはご鑑賞頂けません。また、13日のみインスタレーションが19時までのご鑑賞となります 。ご了承ください。

 

会場:

   森下スタジオ Cスタジオ

     【URL】http://www.saison.or.jp/studio/access.html

 

チケット料金:

 <ダンスパフォーマンス(A、Bプログラムそれぞれの料金となります)>

 前売   1500円 / 学生   1000円 / 当日 2000円

 <A、B通し券>  

 前売   2500円 / 学生    1500円 / 当日   3000円

 *ダンスパフォーマンスチケットにて、インスタレーションも鑑賞頂けま     す。

 <インスタレーションのみ>

 一律 500円

 *インスタレーションのみ鑑賞される場合は、チケットの事前予約は必要 ありません。

 

チケット取り扱い:

プリコグWEBショップ http://precog.shop-pro.jp/  

 

お問い合わせ:

プリコグ

 〒150-0001 渋谷区神宮前1-10-34-305

 03-3423-8669

 info@precog-jp.net

 http://precog-jp.net/

 

<出演者>

田畑真希

3歳からクラシックバレエを始める。高校生の頃、トゥシューズを履いて踊ることに疑問を感じ、更なる表現を追及するため、桐朋学園短期大学演劇科に入学。

紆余曲折を経てダンスの世界へ。以降、ダンサーとして様々な振付家の作品に参加し、国内外の舞台に出演するが、07年より作品を創り始め、横浜ダンスコレクションR09にて「未来に羽ばたく横浜賞」、「マスダンザ賞」をW受賞し、09年ダンスフェスティバル「MASDANZA」、オランダ、’10年シンガポール「esplanade」にて自身の作品を上演する。自身の主宰カンパニー「タバマ企画」を立ち上げ、国内外で精力的に活動中。

http://flatplat.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-ff76.html

 

大竹千春

7歳より平多浩子舞踊研究所にてモダンダンスを始める。お茶の水女子大学文教育学部芸術表現行動学科卒業。在籍中より二見一幸に師事。同氏主催『ダンスカンパニーカレイドスコープ』に所属し、数多くの作品に参加。また同時に、同大学教授片岡康子氏主宰『Dance House』に出演する傍ら、定期的に自作品の発表を行う。

08年神戸全国洋舞コンクール第一位、08年埼玉全国舞踊コンクール第二位、08年東京新聞全国舞踊コンクール創作部門第三位等。08年文化庁新進芸術家海外留学制度によりフランスへ留学、2年間の研修を行う。

 

金野泰史

1999年より俳優を始め、03年から元藤あき子ワークショプに参加し舞踏を始める。04年より目黒大路主催「NUDE」に参加、05年よりソロ活動を開始。客演や他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも積極的に行いながら、自身が探求する生命観、身体感覚に基づいて、原始的で野蛮な身体を追求し表現へと転化している。2009年自身主催【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。

http//yasuchikakonno.web.fc2.com/

 

アレッシオ・シルヴェストリン (Alessio Silvestrin)

1973年イタリア生まれ。モンテカルロ市グレース王妃ダンスクラシック・アカデミー、ルードラ・ベジャール・ローザンヌを卒業後、ベジャール・バレエ・ローザンヌ、リヨン・オペラ座バレエにて、ダンサーおよび振付家として活躍。1999年から2002年にかけて、ウィリアム・フォーサイス率いるフランクフルトバレエ団に所属。その後もフォーサイスカンパニーのゲストアーティストとして活躍している。

作曲家フランチェスコ・ヴァルダンブリーニの指導で、トリコルダーレ(Tricordale)音楽という新楽派に加わり、フィボナッチ数列に基づくセリー体系を拡張して自ら作曲した音楽は自身の振付作品にも使用している。

2003年より日本を拠点にフリーランスアーティストとして、さまざまな活動に関わる。愛知芸術文化センター、新国立劇場、山口情報芸術センター、セルリアンタワー能楽堂などの委託により作品を制作。国際的なダンスフェスティバルでの招待パフォーマンスや、様々なアーティストとのコラボレーションも行う。Noismでは、2005年の『Triple Bill』にて、『DOOR INDOOR』を振付。

http://www.alessiosilvestrin.com/

 

笠井瑞丈

ダンサー・振付家

笠井叡に舞踏を、山崎広太にダンスを師事。様々なスタイルのダンスをエッセンスに取り入れながら独自の世界観をもつ作品を発表している。ドイツ・カナダ・フランス・シンガポール・ブラジル・インドネシア・台湾・韓国・中国など国内外で活動を展開。自作のソロダンスだけでなく、デュオ作品やグループの振付、他の振付家の作品の出演も積極的に行っている。平成20年度文化庁新進芸術家海外留学研修員として、2009年ニューヨークで研修。

’10年横浜ソロ×デュオ・コンペティション・プラスに出場、特別賞受賞。

http://hachi32hachi.blog26.fc2.com/

 

奥野美和

3歳よりモダンダンスを習い始める。大東文化大学モダンダンス部に所属。

卒業と同時にコンテンポラリーダンスの道を選ぶ。 07年より北村明子率いるLeni-Bassoに参加。07年「Ghostly Round」ヨーロッパツアー、08年東京公演、アジアツアー、09年「 ElephantRose~no land~」東京公演、2009年 白井晃演出オペラ「愛の白夜」、’10年 YAMAHA CM作品「上原ひろみ×Leni-Basso」などに出演。ソロ活動では、09年スタジオソロパフォーマンス「koku~刻まれた部屋~」、’10年ダンスが見たい!新人シリーズ8「【00】~シレイ~」などがある。近日はボディペイントのモデルなどを通し写真作品の制作にも力を入れる。今年の夏より北村明子の振付けによるバーミンガムを拠点とするカンパニーACEdance and musicへ参加予定。

 

梅田宏明|Hiroaki Umeda

2000年より創作活動を開始し「S20」を発足。ベルギーのKunsten Festival des Arts、ロンドンのBarbican Centre、ローマRomeEurope Festival、パリのポンピドゥーセンターなど、ヨーロッパを中心に世界各地の主要フェスティバル・劇場に招聘される。 また、あいちトリエンナーレ2010では、ダンス公演と共に、初のビデオインスタレーション作品「Haptic installation version」を発表し、ジャンルを超えた活動が高く評価される。自身の作品では振付・ダンスのみならず映像・音・照明まで担当。「振付家、ダンサーというより、Visual ArtistでありMoverである」と評価され、近年はビデオインスタレーションなど表現活動を拡げており、ダンス以外の分野からも受け入れられている。 

【梅田宏明ウェブサイト】http://hiroakiumeda.com





主催:S20 梅田宏明

助成:芸術文化振興基金、公益財団法人セゾン文化財団、EU・ジャパンフェスト日本委員会

協力:株式会社ラディックス

制作:precog   制作スタッフ:黒田なつ子(S20アシスタント)







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード