マズローの欲求階層






アメリカの心理学者・アブラハム・マズローという人が、人間の欲求を低次から高次の順で分類し、5段階のピラミッド型の欲求の階層によって示したのですが、マズローによって階層化された欲求とは、低次から生理的欲求・安全欲求・愛情欲求・尊敬欲求・自己実現欲求というものです。 



1.生理的欲求
 人間が生きていくために最低限必要な、生理現象を満たすための欲求です。食物、排泄、睡眠など、個体として生命を維持するために必要な基本的な欲求です。

2.安全欲求(安定性欲求)
 誰にも脅かされることなく、安全に安心して生活をしていきたいという欲求です。雨・風をしのぐための住居を欲するというものから、戦争などの争いごとのない環境で過ごしたいという欲求まで含まれます。食べるものに不自由しなくなると、次は安心して食事や睡眠を取れる場所が欲しくなるということです。

3.愛情欲求(所属欲求・社会的欲求)
 集団に属したり、仲間から愛情を得たいという欲求です。寝食が満たされると、誰かにかまってほしくなるのですね。

4.尊敬欲求(承認欲求)
 他者から、独立した個人として認められ、尊敬されたいという欲求です。今度は、かまってもらうだけでなく、自立した個人として尊重されたくなるわけです。

5.自己実現欲求
 自分自身の持っている能力・可能性を最大限に引き出し、創造的活動をしたい、目標を達成したい、自己成長したいという欲求です。社会的に成功を収めた人が、社会貢献活動をするのはここに入るかもしれません(一部あるいは多くの人の場合、尊敬欲求として動いているでしょうが・・・)。

http://www8.plala.or.jp/psychology/topic/maslow.htm ~引用。



で、このマズロー理論を順調に1から5へと移行していると感じる人がおりまして、面白いな~と思っているしだいであります。 


この理論は、1が満たされると2への欲求が芽生え、2が満たされると3への欲求が芽生え・・・と続いていくわけです。



おそんなことを思いながら、自分や芸事、芸術家を照らし合わせてみると、種類は様々ですが、なんとも間が抜けているにも関わらず、5へ向かおうとしている種類の人たちではないかと思いましてね。



困ったものです(笑)



と笑ってる場合ではないのです。 



これは本当に当事者の私から言わせると、由々しき問題。 



とは言っても、こういう現状が問題視されるような、文化を持ち合わせなくなってしまった日本では、政治力、経済力をもたない芸術家たちは海外に行くしかない。 



まあ、それでいいか。 



でも、私はまだこの国内で、やること、学ぶことがあるので、国内でやっていきます。 



徐々に海外へ行く準備をしながらね。  





のんびりしている場合でもないのですが・・・(苦笑)






コメントの投稿

非公開コメント

No title

やす 字が小さくて 見にくい。大きくしてちょ

試してみるわ。


で、一応情報として、パソコンで見てるのなら、拡大表示が出来るはず。 ウインドウズなら、右下にあるだ。 

しかし、あまりにもニックネームが広範囲で、誰だか分からん。 


ヒントをくれ~。

もう一つ!

携帯サイトもありまっす!


よろしく頼んます!




No title

私も、前々から字が小さいと思ってた。
読者に変えてもらうより、最初に大きく出来るなら、そのほうが絶対親切なので、是非ご検討くださいませ。

だめかしら。。。
っていうか、やり方わからんのか?笑 
私はわからんよ。

ぶーちゃんさんコメント有り難うございます。

 
字大きくできました!  どうでしょうか? これくらいで勘弁してください。


これ以上でかくする事も可能なのですが、そうすると私の美学に反するので、この大きさで行きます! 


前までのは私もさすがに小さいと感じていたので、これならば悪くない。 


しかしフォントや、微妙な文字の大きさが設定できないのが、私の中ではちと許せない・・・



ん~引っ越すか・・・検討中でふ。

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード