あけましておめでとう 身体!



今日2月3日は旧正月だ。 



そして迎春。     「あけまして おめでとうございます」




今日は何だが私の身体が軽くて、不思議に感じていた。 


最近はいつもなら寒さに負けて布団の中でグダグダしているのだが、まったくそれをしたいと思わず、活動していた。 



何故だろうと思っていたところ、今日が旧正月だと気付いたわけだ。 



なるほどと、合点がいった私は、身体の中にむくむくと盛り上がってくる新芽の勢いを感じている。 



なんとも嬉しいことだ。 


こんなにも季節の変わり目を身体が感じてくれたのは初めてかもしれない。 



私の身体も随分と育ってきたということだ。



冬から春へ・・・ まだまだ腹の時期。 初夏が恋しい・・・初夏からは腰の時期、表の世界、男の時期だ!



しかし旧暦の凄さに驚かされる。 



明治維新より外科手術的に導入された新暦に身体がぼけることなく、この極東の島国の日いづる国の身体を育めばしっかりと、天地と共に呼吸をし生きているのだということが嬉しい。





あ~雑煮に、御汁粉が食べたい。 





(あ、季節の変わり目には、あずきものを食べるのが良いです。 骨盤が春からは開き始めるので、その開き具合が左右バランスよく開かないと、風邪を引いたり、気分がだるくなったりするので、その骨盤が動きやすくなるように、錆を落としてくれるのが、あずきなので、ぼた餅でも、お汁粉でも食べてくだされ) 





さあ、春だ! 


今までぐうたらしてきた分を取り戻さなければ(苦笑)










しかし、なんとかならないものかこの国家は。 




沖縄、台湾、韓国、中国でも、アジア圏の諸国は旧正月をしっかり祝っているというのに・・・ 




そんな国家が、伝統文化なんか重要な態でいるのが、はなはだおかしなものだ。 


(そりゃ、相撲も八百長や、外国人力士に持っているかれるわ)



この身体感覚、文化感覚とマッチしている旧暦を省みないで、文化もくそもあったものではない。 






まあ、もう取り戻せないものを嘆いたとしてもしようがないが、身体はやっぱり旧暦で動いているので、みなさんは秘かに旧暦を意識して生活してみることをお勧めいたします。 


女性の方は特に、「月のもの」があるかと思うので、旧暦で体調管理をしてみるとよいと思います。 






ではでは、本当の正月に、あけましておめでとうございます。 



本年もよろしくお願いします。




(新旧共に正月を祝える日が来ることを 笑)





コメントの投稿

非公開コメント

小豆

旧正月はすっかり過ぎてしまいましたが、急に温かくなって体中の関節がおかしくなったので(やっぱり特に股関節ですね!)、早速、小豆を炊きました~。いや、なってからではちょっと遅いのかな、、でも美味しく頂きました!

コメント有難うございます。


過ぎても大丈夫ですよ~。 

気温も変動が多いので、骨盤も開いたり閉じたりして、アンバランスになりがち。 そんな時、小豆で「錆落とし」すれば、身体が動きやすくなるので、風邪も引きにくくなります。 
遅いことはないですよ。 そう感じたときに対応するのが一番いい。 身体のサインを受け取り、対応することが出来るのがいいです。 
プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード