New動画 upしました。 Youtubeで! 






これは、前からHPにも乗っけてるやつですが、終わりがミソなので、乗っけてみました。HPのやつはケツがちょいと切れていたもので・・・









で、これは前回のKIUNJI公演「HAKU」の抜粋です。パート2バージョン。










で、これは2005年のパフォーマンス。 まだ俺も古波津も若く、KIUNJIになる前のものです。

ロン毛の俺が懐かしいです。 身体も若い(笑)これも終わり方は素晴らしい! 自画自賛(笑)





他にもYouTubeにアップしたので、よければ探してみてください! 私の名前で動画検索すると出てくるかと思います。


HPには、まだアップの仕方が分からないので、何時になることやら・・・困ったものです。







いや~映像自体は編集出来てなく、頭と尻だけ切っただけですが、Youtubeに乗っけられるようになったことが嬉しい限りで、調子にのってたくさん乗っけてみました。

(あとあと見直してみて、削除する可能性もあるかも笑)



ちなみに終わり方がミソだと言うのは、終わり方の良い二映像共に即興であるのですが、共に相手を気にせず、自分の欲求、動きが無くなった時、収まった時に、各々止めているだけで、合わしているわけではないのです。


こういうのを同化感覚、または感応と呼んでいて、人間の能力のたまものなんです。 


ひとりとひとりが各々自立し、純粋に内なる動きに乗ればよいだけなんですが、それはなかなか難しいものなんですね~。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード