交通整理




生まれ変わったかのように新鮮で、重力からも開放されており、もはや物質の認知は遠のいた知識の傷にこびりついたかさぶた程度でしかなく、空間の中に危うくもはっきりと形づいた穏やかな風に流れる雲であるかのような身体の目覚めが来た。


頭の中は、こんがらがった糸が、突如整然と解きほぐされ、何一つ澱なく流れており、必要とあらば新たなルートをつくり連結され、思考の信号は渋滞のない巨大な未来都市の交通網を思わせるような、多重で多層な流れを生んでいた。


しかし意識は表層でぼんやりと所在無く漂い、脳内のシナプスの連結を何となく眺めているに過ぎなく、今まで繋がらなかったものごとの真理を提示しているかのような思考のヴィジョンを明確に捉えることが出来なかった。
意識はただその光景に感嘆を洩らすに終わってしまった。


そして、その時に起床すればよいものの、時計的観念に縛られている私の意識は再びの眠りにつくことを選択し、目覚めの機を逃してしまい、またぐだぐだとしてしまった。




しかし、あのこんがらがっている思考の交通整理の素晴らしいさは、おぼろげながらも感覚経験として記憶されている。


全ての疑問は解きほぐされ、流れは繋がりながら真理へと到達するかのように、深度を増して行き、それはむしろ複雑さよりもシンプルさを取り戻すかのようであった。


私は以前から予感している。
真理は既知なるものであり、知識や既成概念によってこんがらがっているだけだと。


だからといって、今まで年月をかけ獲得して来た知識や概念、観念によって張り巡らされていく情報網は必要なのだと思う。


今回の体験はその予感を強めるものとなった。


私の多くの疑問、問題があって、それが繋がって行くからこそ、流れ始めた真理への道。


「縁」


繋がりと言っても良いが、ふと「縁」というものが浮かんで来た。


そしてこの「縁」への興味、考察がまた一つの繋がりを待つ材料となるだろう。



またいつか同じ様な体験が意識を伴って明確な一つの真理を獲得出来ることを、目覚めながら夢みていきたいと思う。





交通整理。 それが出来れば、何も問題はないはずなのであるが・・・難儀!笑









コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード