ピーター・アーツ VS セーム・シュルト





メンズなら、この今日の試合を見た人は多いと思う。



これで金を取っては駄目でしょうというような芝居を観て帰ってきて、たまたま点けたテレビでやっていた。




本当久々に身体が沸上がるような試合だった。 




40歳のピーター・アーツ。 



ファイターの中のファイター。 



あの闘志。



本当に凄い、凄い、凄い! それしか言葉が出てこない。 





見世物を超えて、魅せられ物になっていた。 




私は完全にアーツにノックアウトされました。 







ピーター・アーツという人は、リングを降りたら、おもてなしの大好きな人らしい。 


「心温」が温かい人なのだろうと思う。 


そんな人が、いやそんな人だからこそ、あそこまで強いのだと思った。




そして、アーツが誰と戦っていたのか? 


生意気だが、アーツは自分と戦っていたのだと思う。 


そして、トレーニングのときから自分に勝ち続けてきたのだと思うし、 試合でも自分に勝ったのだと思う。


そういう人が、本当に強い人なのだろう。 



そう思った。






本当に素晴らしい試合を有り難う! アーツ! それからシュルト! 








私はがっつり影響されて、まだ興奮状態。


言葉も上手く纏まらないまま、ここにその想いだけを残させて頂く。


















それから、ふと思う。 



日本人やモンゴロイド系の人が格闘技でトップを取れないのは、それは根本的にその系譜として、戦いの歴史を踏まえて来なかったからではないかと・・・




日本人にはサムライとかやってたじゃん、とか思うかもしれないが、 それよりももっと前の旧石器時代、石器時代の頃から考えてみると、私の中では腑に落ちる感じがした。 











コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード