芭蕉的舞台装置に




山頭火的立ち動き







そんな想像にただワクワクする





私は目を開けて夢を見ることが多い



志…そう言ってはみるけれど












生えて伸びて咲いている幸福


山頭火





「全と個 ――― 永遠を刹那に於て把握する、そして全と個に於て表現する、個を通して全を表現する、象徴的表現は象徴の世界に踏み入らなければ不可能だ」
山頭火の言葉だ。


「ひとり」であり続け「ひとり」を追求した山頭火の句を読めば、これがただのロジックではないことが分かる。



「全と個」「刹那と永遠」このダイナミズムの感覚の片鱗に触れるには、私の知る限り山頭火が一番いい。


しんじつ一人として雨を観るひとり





しかし笑え、もってかれる句が多いこと。

現代っ子の私でも楽しめるのです。

それは古より普遍的な人の心に訴えて来るからだと思うております。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

村上護著『山頭火 漂泊の生涯』春陽堂書店
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4394902487?ie=UTF8&tag=88033-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4394902487
は最近読んでおもしろかったです。
あまり他人が書いた評伝とか解説本とか読まないし人にも勧めないのですが、
村上氏の山頭火研究は読み応えがあります。機会があれば是非ご一読を。

Raさんcomment有り難うございます!

今丁度、村上護氏の奴を読んでおります。


見るものと見られるものの混合…同化…


私が探求している身体感と、共通しております。


山頭火が感覚的であると言った私の感覚に村上氏の本を読むことで、より合点がいっている次第です。


ではでは、また。



プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード