お疲れ様でした!






[LOUST TONGUES]

food creation 諏訪綾子展 ゲリラレストラン




打合せ+8日リハ、9日~11日までの展示+パフォーマンスの怒涛の日々・・・


food creation に関わったスタッフ、インターン、キャストの皆々様


本当にお疲れ様でした! 


food creationのスタッフの方達はまだ今も後片付けに追われているだろうし、展示前の準備も相当大変だったと思います。 

まだ気が抜けない状況だと思いますが、スムーズに一段落がつくよう願っております。 




私が参加したfood creationでは最長の期間・・・ 


やはり、長いこと(とは言っても短いと言えば短いが)関わるのは、面白い。 


グルーブ感、チームワーク、ファミリー感が発生してくる感じはやはりいいもんだ。 


そのチームでしか出せない何か、そのチームだから出来る何か、


そういうものが見えてくると、ことさらに面白い。 


そして生の面白さ。 


お客さんによって変化する「今」「その瞬間」 


生でないと味わえないもの 


今時分で言うなら「テレビを捨てて、街へ出よ!」 「パソコン捨てて、街へ出よ!」 か・・・


「その時」にいなければ感じられないもの


「その場」に行かねば味わえないもの



「味わう」 food creation


http://www.foodcreation.jp/


















私の中で本番が一番長かったのは、踊りをやり始める前の芝居だろうか? 



どれくらいやったかは、今思い出せないが、私はその時、三役やったな~。



懐かしくも、最近のようにも感じられる、テネシーの「坊やのお馬」と「風変わりなロマンス」の二本立て。


私にとって、大きな分岐点となる芝居だった。




その時の仲間は、今はバラバラで、各々の道を歩んでいる。 



「元気にしてるかい?」 



 俺は元気だよ!                  だって生きてるからね。 






その時の仲間の内、数人は今も俳優をやっている。 


つい先日のKIUNJIの「HAKU」にも多大な力をかしてくれた。


現場で、一緒に仕込んでいる時は面白かった。 


まだまだ何も知らない若者達が、懸命にいい舞台を作るが為に右も左も分からず必死だった・・・


そういう時間を共有した仲間と、また違う形で、作品で関わっていく・・・ 


ハイリスクだけどハイリターン。 


でもハイリスクだからハイリターンは出来るだけさけたいよね・・・(苦笑)




さあ行こう! 何処に行こう? まずはトイレに行こう。 






スッキリしてからはじめよう 今日一日









コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぷぷぷ

そうだね

まず出さないと
新しいものは入って来ないからね

tinaさんcomment有り難うございます!



そうそう、滞らしてはいかんのです。


何時でも流れる水のごとく、入っては流れ出ていくようにしておけると水の質が変わるんですな。
上質になっていくんで~す



囚われず変幻自在に姿を変える水

何に入れられようが、水は水と呼ばれる





プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード