ものの死





ものは何時死ぬのでしょうか? 




そもそも死などあるのでしょうか? 
















あなたが今 目を移したものは 何ですか? 



それは今 生きていますか? 死んでいますか? それとも? 



それを今考えているあなたは 物 ですか? それとも 者 ですか? 


それは今 生きていますか? 死んでいますか? それとも? 















これを見ている方は、間違いなく生きています。 



それではその根拠は? 











私にはその根拠は見当たりません。 


ただ 「生きている」と感じるだけです。 









それではさっき見たものをもう一度 観て下さい。 



そのものは 生きていますか? 死んでいますか? 


















うちのメンバーが言いました。 


ものの寿命は、そのものの役目が終わったときだと。 









ワンさん くまさん






左はワンさん 右はくまさんです。 



かわいいでしょ!



先日のお彼岸に我が母親に抱かれて、とある神社にて手厚く供養され、この世から旅立ちました。 



私は立ち会えなかったのですが、この歳になって分かったのだと思いますが、家族の一員としてとても大きな存在であったぬいぐるみ達でした。 



私はとてもとても大きな死を迎えました。  



「死」を迎えたのです。 



そう感じたのです。 



そして モノにも寿命があることを知りました。 



9月の頭に二匹と会いました。 



生きていると感じました。 そして 逝くと感じました。 





それは青空に浮かぶ大きな雲のような「死」でした。 




とても辛く悲しい死でしたが 



「ありがとう」以外浮かばぬ 死 でした。 



「ありがとう」以外浮かばぬ 生 でした。 







※ちなみにワンさんは私より 6つくらい年下で。 
 くまさんは私より 1歳年上でした。









 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード