世界的






今日は友人の参加しているグループ展を見に行った。



そしたら、ひょんなことに、世界的な作家さんの製作過程のほんの一部分を拝見出来る機会に巡り合い、その過程に立ち会わせて頂いた。


作品の種類?ジャンル?は銅版画。


アート系の学校やら何やらに行ったことない人はなかなか馴染みのないジャンルだと思う。


要は木版画の木ではなく版が銅と言うものだ。

しかし、私も全く知識は無いのだが、銅版画は兎に角とてつもない作業行程があり、その作業は繊細で時に大胆に根気が必要とされ職人的な様相を呈するものであった。


刷りという一番最後の行程の一部分しか観ていないのだが、そこでは想像を超える行為が繰り広げられているだろうと想像させられるものがあった。


世界の芸術家の仕事風景。
見学者は他にも何人かいたので、色々と説明しながら作業を進めて頂いたのだが、普段一人で作業されている時の集中力の片鱗を垣間見ることが出来た。




世界に名を馳せる芸術家…それはただ有名だとか認められているとかを差し置いて、やはり何かが違う。
それは何とも言葉は稚拙であるが、

「とにかくやっている」
ということである。


世界に名を馳せる人達に共通するものは、これだと思う。

やってない人なんて1人もいない。


私が頭を悩まし、行き詰まっている時の答えはいつも同じだ。

「やれ!」

「やりゃあいいんだよ」

何を?


そんなの知ったこっちゃない。


テメェに聴きゃ分かるだろ!



『Just do it』



NIKEのキッチコピーかっこいいね。


世界的になりたきゃ、まずヤルしかないやね。


もしそれを望むならの話だけど。





コメントの投稿

非公開コメント

やるっきゃないね

そうだと同感する。


結局 妥協するも貫くのも自分次第。



世界で戦う。


結果的にはそう見えるだけで、実際には自分の甘えとの闘いなのかもね。

ショーゲンさん コメント有り難うございます。 


そうそう結果的に世界的って話ですね。 


 
自分の甘さとの戦い・・・ 弱え~俺!って最近感じております(笑) 





プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード