週末 1



高校の同級生の結婚式の二次会に招かれ、地元名古屋に行く。


新郎新婦共に同じ高校の同級生。 


新郎とは毎年名古屋に帰って、飲んだくれる仲間だ。 


あまり結婚式等には出席してこなかった私なので、二次会の感じには驚いた。 


まあ世間の二次会がどういうものなのか、ほとんど知らないので、なんとも言えないが、なかなかのドンちゃんぶりだった。 


それはおいといて… 


三次会。 


その時何だか新しい感覚を覚えた。 


長細いテーブルで、20名くらいいたのだが、私は一番下座におり、上座にいる新郎新婦を眺めていた。 


そして、幸せそうに笑う新郎新婦を見て、感じ入った。 


「嬉しい」と… 


その感覚が私にとっては、新鮮だったのだ。 


なんの違和感も疑いも詰まりもなく、ただ単純に「嬉しい」と思った。 


それを今思い返しながら、何だか、自分の出来事よりも、他人に感じる「嬉しい」という感情の方が、「嬉しい」という感情を発露しやすいのではないかと、そう思った。


もしかしたら、「嬉しい」とは他者に感じる方が純度が高いのではないか? 

自分のことだと、嬉しいは勿論あるのだが、感謝「有り難う」の方が強いような気がする。 


ん~もしかしたら、私自身がまだまだ素直じゃないだけかもしれないが…(笑)





とにかく二人には恵み多き歩みを噛み締めて行っていただければ嬉しい限りである。 



ご結婚おめでとうございます













コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード