昨日芝居を見に行った




俳優修行をガンガンやっていた頃からの仲間二人が出ている芝居で、彼等とは濃厚な苦楽を共にしたから、思い入れは強かった。


芝居の内容は、大衆的なコメディ調のものなので、私の趣味ではないが、まったく内容に関しては、期待して行かなかったのもあり、純粋に楽しませてもらった。



色々と彼等には個人的に感想を述べさせてもらったので、その辺は置いといて、とにかく、同世代の仲間が厳しい環境の中、芝居をやっていること、継続していることに、単純に勇気づけられたし、そういう厳しい環境への憤りも沸くし、その環境に負けずにやっていることに、嬉しさも沸いて来る。


しかし、そういうところで、勇気や嬉しいさを感じて自分にある種の慰めを与えている部分も感じるから、そこの部分に関しては、もうそんな慰めを感じていては、よろしくないキャリアと立場であるという覚悟とで自分を組織しなくてはと思っている。
それは惰性を排除し、危機感を鈍らせないためにも重要である。

そして成長し続けるため。



しかし、その時感じた喜びや嬉しいさは純粋に自らの内に沸いて来たものなので、注意深く汲み取って、納めておきたいと思っている。




近い内、彼等と芝居をしようと考えている。

それは、ただの仲間だからという訳ではなく、俳優としての在り方、姿勢、実力があるからだ。

そして何よりも私が信用出来る俳優だからだ。


やるぞ!



とはいっても、計画性のない私なので何時になることやら…(笑)







コメントの投稿

非公開コメント

ご観劇ありがとうっした!

お忙しい中、ありがとうございました!

いやぁ!
なんつーか、演出が変わるとホント求められることが全くちがうっすね!

俳優ってものの在り方を色々と考えさせられましたよ。
メソッドが違うと取り組み方も全く違うし、
それをすり合わせられる時間というのも限られているし。
相手役との間に相手の望む関係性を作ろうとすると、
ほんと、自由自在っていうのをもっとを手に入れたいなぁと思わされますよね。

あー、もっと精進せねばなぁ!

とりいそぎお礼まで!
プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード