理系…



どうでもいい話…


今、現象界の回転方向を調べており、原子やら電子やら陽子やらの説明文を読んだりしているのだが、さっぱり頭に入ってこない…


何なんだ、この分かりにくさと、頭に入ってこない感じは…



元来、私は文系であると自覚しているのだが、かつて高校時代、物理のテストで100点を取ったことから、「ブツラー」という名前のパンクバンドを組んだくらいなのに、この理解力の無さと拒絶感は何なんだ!


まあ、随分と理系に触れて無いのもあるかもしれないが、まったく嘆かわしいものである。


因みに今でも計算は苦手だ。
数字をみると頭が固まる。
これも拒絶反応…




まあ、単純に苦手と言うことでおさめて起きましょう!


決して頭さんが悪いわけでは無いです。

私の使い方が悪いのです(笑)





コメントの投稿

非公開コメント

転換

解釈の転換してみたら良いかもよ。

物理の話しは天使や悪魔にも繋がってるから、ちょっとした転換で分かり易くなるかも…

例えば

陽電子は天使

陰電子は悪魔

…みたいな感じ。


俺も物理は苦手だよ~ (^_^;)

Re: 転換


そうなんですわ。まったく。 

たぶん、たぶんですよ。 俺はそんなに出来ない子じゃないと思うんです。(笑)

だから、何に転換していけばいいかが分かればいいんだけど、そこが思いつかない。 

あんまり危機的でなかったり、飢餓的でなかったりするジャンルだと、まったく思考が働かない。

その辺の、集注力のコントロールとかが出来ないですわ。 

というか、基本的に体力不足なだけなんですけどね。 

世間的には「いいかげん」ってことです。  「いい加減」なんつって。





プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード