ツレ


私には多くの素晴らしい友がいる。

私の中では、それを『ツレ』と呼ぶ。

もちろん、他にも多くの素晴らしい人達と繋がっている。

なんと幸せなことか!
なんと私は恵まれていることか!

何に感謝すればいいかは分らない。

言うならば全てだ。 神と言ってもよいが、きっと神は黙って微笑んでいるだけだから、やっぱり全て。
この生に感謝するだけだ

この感覚って「祈り」に似てると思う。

いやむしろ、それが本来の「祈り」だと思う。

何に感謝するのでもなく、無論御利益のためでなく、ただ此処に在ることに感謝すること、それが「祈り」ではないかと…

そしてこの恵まれた人生をもっと大切に生ききる為に

私は自立する

人は「ひとり」

そうなれば尚のこと

私と繋がってる人達は豊かになると

そう信じている


でもまだまだ私は色々なことに依存している。

『自立』 『ひとり』



「咳をしてもひとり」



コメントの投稿

非公開コメント

その句をそう解釈なさるとは…うれしきです。

ニロさん comment有り難うございます。


放哉の絶対的な孤独…
この句の時、放哉は何を観、何を感じていたのでしょうか?

こだました咳の余韻と共に訪れた静寂が僕には少しだけ聴けた気がします。

No title

人生が白紙の画用紙だとして

その画用紙に 夢を書いて

それが実現するとするなら

《 今 》  を 書くか

《 今 》  を かけることが

最高の人生

生きることは

喜び

その心臓は 誰の?

無論 自分の

なら 自分の意思で

その心臓を 止めてみろ

そんなことは できない

人間は すべて

生かされている

そう思えれば

喜びしかない


生まれた日は 

誰もが知っている

自分が死ぬ日は

誰も知らない

でも

死ぬことは

誰もが

知っている

人生は

有限だ

だから

最高の

《  今  》 を

生きる



最大の受動が

最大の能動だ







海に浮かぶ氷山

「自分」と言う名の海面から見える氷山の一角

海面下では何十、何百倍もの氷の塊

その浮かぶバランス

その塊

命の塊


海の中 空の中 地球の中 宇宙の中

その一角 氷の結晶 分子の結晶 原子の結晶 量子の 素粒子の


動いているもの全て

生きている


プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード