痛みの分かる人



人の痛みが分かるには、自らの痛みの経験が重要だと思った今日この頃。



人の痛みは想像してもなかなか分からないものである。  


だから百聞は一見(経験)にしかず。 痛みの経験って貴重。



でも面白いことに、痛みが経過してしまうと忘れてしまうのも人間の能力



だから、私はなるべく痛みの感覚を覚えておこうと思った。 








それから、肉体の痛みと言うのは、本当に色々と学ぶことが出来るいいチャンスだと思う。 



自己責任  必然  


私はそう捉える。  


すると見え方が変わってくる。 


感受性が変わる。 経過も変わる。 



何億もの選択肢の中から、せっかく自分で選んだんだから… ね














とは言いつつも、とっても痛みに対して、愚痴や憎まれ口を叩いてしまうのは、私の甲斐性(笑) 




だってクソ痛いんですから~!   


なんでこんな痛いんだ~、だって自分で選んだんだからしょうがね~べ、もしくは身体の欲求だからしょうがないべ~! 



誰のせいでも、なんのせいでもない。  分かっちゃいるけど、痛て~はバカヤロー!   



すいませ~ん





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード