御存じの方も多いかと思います が。

本日 6月23日は 慰霊の日 と呼ばれる、沖縄地上戦終了日です。

下記は友人、ショーゲン氏のBlogの抜粋です。


「本日 6月23日は 慰霊の日 と呼ばれる、沖縄地上戦終了日です。

昭和47年に本土復帰を果たしました。


慰霊の日 の今日は公休日扱いでして、学校も休み。

正午にはサイレンが鳴り響き 黙祷 のため沖縄全土が静かになります。




6月23日待たず

月桃の花散りました

長い長い 煙りたなびく

故郷の夏



これは“月桃”と言う歌の歌詞です。


地上戦では民間人が24万人犠牲になったと言います。
そして、その数字は考えられる最低値であり、正確な数は定かでないとも聞きます。


慰霊の日

沖縄県民にとって特別な日。


平和慰霊祭や平和集会なども開催されたりするッス。

戦争体験者の方々も減り、伝承が難しくなってきてます。

そして

現在も戦争続行中の証拠として 基地がある。

ここ最近も 夜間飛行訓練で、夜中に爆音が響いてる沖縄。


まだまだ 戦時中なんだと思います。

目の前で 人が殺されていないだけ。


「被害者にも加害者にもなりたくない」と言う想い。

基地を容認する事は、戦争を容認する事。

…とは言え


生活基盤として 基地依存してる現実も皮肉なものです。


これッスね


「生活の為に、子を売る」のと似てる。


これが現実なんです。


様々ありますが


今日は 慰霊の日。



正午には黙祷を捧げます。


御冥福をお祈りいたします。


m(_ _)m」


多少ショーゲン氏の文面を編集しましたが、少しでも沖縄の方の思い、そして「慰霊の日」を知って頂ければと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

おおおおお!!!!!

ありがとう(^_^)



わざわざ 記事にしてくれて


感謝です。


m(_ _)m

こちらこそ有り難う、ショーゲンさん!



ワシらは知らなさすぎると思うわ。

だで、勉強させてもらっとります。

このことは、本土の人間が知らなきゃいかんことだと思うでね。


今自分らが立っとるとこが、どういう背景の元でバランスを取っとるかは、大人として把握しとかんと思うわ。



プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード