ちょいと


山頭火






「何が何やらみんな咲いている」






味わっていただけたでしょうか?




人のふんどし履いてふり



失礼しました。






驚きも感動も雑多さも美しさも生命力も
みんなあって
思わず、笑っちゃいました。


いや~面白い


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ほんとに、笑っちゃいますね。
素晴らしすぎて、どーでもいいやーってな感覚にさせてくれますね。(放棄ではなくて。)
一杯目のビールではないが、
一杯の水を頂いたような、爽やかで奥深い。明日の光がありますな。

凄い先人です!!

共感していただきありがとうごぜーます!


本当笑っちゃいますよね! 

山頭火の句集が欲しくなっちゃいましたよ。 結構他にも似たような趣の句があるんですわ。


放哉も好きなんですが、ちょっとねじりが入っている人なので、山頭火の方が私には伝わりやすいです。

「とーでもいーや」… 私は自分の苦悩やしがみついているものやらがどうでもいいやって感じで受け止めました。 

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード