蕎麦


温暖になると私の食事のレパートリーの中で蕎麦が大きなパートを占めてくるのですが・・・・




moblog_58851af4.jpg



私のキーワードとして最近傍らに置いているのが 「間に合う」


で、残念ながらこの蕎麦はゆですぎた蕎麦なのです。 


そう、私は「間に合わなかった」  

なんとも愚かな所業でしょか! 情けないばかりです。 

かなりやっつけ感のある食事ではあるのですが、それでも私には大切な食。 それを自らの手でおいしくなく仕上げてしまっている。 


「間に合わない」ということは、「まずく」してしまうことだと言うのが、身に沁みて分かります。


こんなにも日常の中に、「間に合う」感覚を鍛える場面はあるもんなんです。

特に料理と言うのは、色々な感覚を鍛えるにはとてもよい行為だということに、改めて気づきました。


「間に合う」もしかり「加減」「適温」「適当」「待つ」…等々 


いや~料理って凄い! 




というわけで、おいしくなくなった蕎麦を食べつつ、薬味として買った、「野沢菜わさび」なるものを食べたのですが、これがまったく私の口に合わない! 
野沢菜も山葵も好きな私にしてみれば、なんとう所業! 
上手くないわけがないと思ったにもかかわらず、不味い! 



というわけで、ここで決着。 

今日のこの時間の私は「ツイてない」と言うことで収めることにしました。 


そんな時は、1,2時間は注意深く行動したほうがいい。 

ツキは円ですから、待ってりゃまた来る。 

そう思いつつ、慰めておるなか、ブログってやりました。 












コメントの投稿

非公開コメント

蕎麦よいね~

せっかくの蕎麦を自らの不甲斐なさで、マズい方向へ導いてしまったわけですな(笑)

そう 料理はバランス感覚やデッドラインを見極める事
段取り力や予測力
想像力と創造力などを養うには打ってつけだと思うさぁ!

きっと他にもあるはず!



同感 同感(-^〇^-)



沖縄での そば は小麦粉で、蕎麦粉は使ってない沖縄そば。

なので 久しぶりに蕎麦 食べたくなってきたよ~(^_^;)


でも 悲しい事に、蕎麦粉を使った蕎麦を出す店はあまりないから
探すのに一苦労です

(ρ_;)

ショーゲンさんコメント有り難うございます。



>料理はバランス感覚やデッドラインを見極める事
> 段取り力や予測力
> 想像力と創造力などを養うには打ってつけだと思うさぁ!
>

そうですね~、料理はまさに芸術ですね~。 

そして、食べてもらう人がいれば、それはお客さん。 

毎日が舞台みたいですね。 


料理人は本当に凄いや! なんという世界だろう。 

毎日が公演なら、私はついていけないかも・・・(笑) 

でもそれ位の感覚で、日常に表現をみつけていたいもの。 


「平常心」とは日常を大切にすること。

そうならば、舞台上で平常心を保てなくなると言うことは、日常をないがしろにして、舞台の上だけで非日常に成り代わるようなアプローチをしてしまっている。ってことになる。

そういう風にとらえるならば、日常でも私たちは、表現者としての集注力を発揮して生活していたほうがよいのでしょう。 

一つの捉え方としての話ですけど。


沖縄には蕎麦がないのか… 

やっぱり琉球王国だ!




プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード