思いつき提案


最近おかしな人、困った人、残念な人、よろしくない人々が多くいるように感じます。 

私もそれぞれの要素を無論持ってはいるので、ちょいと思いついたのですが…



宗教?みたいでみたいでないものを作ってみるのはどうだろう? と。


宗教に属そうとはこれっぽっちも思ってない私が提案する、宗教? 


かなり思いつきなので荒いですが…(笑)


日本にはこれと言った宗教が無いと言われています。 神道やら禅やら仏教系やらキリスト系やらいろいろありますが、基本的には無く、ある種「自然宗教」だといわれています。 

まあ要は系統化されてないって事でしょうか?、やれクリスマス、正月は神社、葬式は仏教みたいな…なんでもござれ的なかんじなのでしょう。 

過去も歴史を振り返ると、宗教によって色々な問題は日本でも発生しているのですが、基本的にどれも特に台頭することも無くやってきたんだと思うわけです。 


そこで言われた「自然宗教」。 いいネーミングだと思います。 


しかしその自然宗教も大分崩壊してきているのではないかと思いの提案。



ネーミングはいまいちですが、「感謝教」 

この宗教には、経典も、祭る神も、教祖も、べしべからずも、ご利益も、修行も、集会場も、無論お金が絡むことも
無し、全てなし。 

まあそうすると、宗教とカテゴライズ出来ないし、寄り添いどころが無さ過ぎるので、富士山にしましょうか? いや何でもいいんです。木でも、森でも、土でも、海でも… 


「空」これどうでしょう? 


ということで、「空」 


それで、この宗教の信者には(と言っても信じる具体的なものがないから何とも言いがたいですが) やることがあります。


毎日一回感謝を捧げる。 


基本は自分が生かされていることに感謝を捧げる。(これ教義にしましょうか?)


でも何でもいいです。 その日に有り難いと思ったことを出来れば写真に撮って、(ほぼみんな携帯持っている時代なので手軽に)それに感謝をする。 

時間は1分でも30秒でもいいでしょう。 なにせべしべからず無しですから。長けりゃいいってもんでもないし。


それで、家族のある人は家族と時間を共有して感謝を捧げる、家族の無い人は、恋人でも友達でも一人でも。

何でもいいんです。 ありがとう、ありがたい、と思ったものに対して感謝を捧げる。 

できたら、イスラム?みたいに、みんなで何時にやるって決めるのもわるくないけど、ちょっと自由度がなくなるから、いつでもいいです。 

直接に越したことは無いけど、メールなんかで、教えあっこしたりするのはいいでしょう。 

無論感謝を捧げる対象に、優劣は無いです。 

眉毛が生えてることでも、足が臭いことでも、ウンコが出たことでも、骨が折れたことでも、空がバカみたいにきれいなことでも、飴ちゃんを一つ買えたことでも、誰かがありがとうと言ってくれたことでも、誰かがしかってくれたことでも、太陽がまぶしかったことでも、今日目覚めれたことでも、誰かに会えたことでも、その誰かを認識できたことでも、雨が降ったことでも、何かを聞けたことでも、何かに触れられただけでも、水が飲めただけでも、ただ生きていたことに対しても、何でも… 


もしルールが必要なら、そのコミュニティーで決めればいい。 それがいやなら、一人でいい。 一人のルールが必要なら作ればいい。 



ただ信者


本当に感謝してみる時間を作る。 ただそれだけ。 感謝の深さレベルも関係なし。 ただ対象はあったほうがいいでしょう。 無かったときには「空」でいい。



そんな宗教を立ち上げてみる。 しかも国家で。 しかも憲法にしちゃう、国民の第四の義務にしちゃう。 


でも強制ではない。なにもお咎め無し。 NHKで「やってますか~」の呼びかけはするけど(笑) ゆく年くる年で、除夜の鐘が終わった後に、感謝タイムを設けるとか。 

紅白の後でもいいけど(みんな見ないか)



まあ、こんな感じで、無茶な話ですが、どうでしょう? 



ご利益ないけど、日本は変わるんじゃないかな~なんて。 



 








コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード